キューバ

絶対外さない2泊3日キューバ・ハバナ旅行の厳選穴場観光地!


憧れの国キューバ。
2015年にアメリカとの国交回復に伴い、世界中から観光客が押し寄せています。

キューバは日本から遠く離れていますが、日本人旅行者の数も急増中。
HISによると”2016年の年末年始にキューバを訪れた日本人旅行者”前年度比で700%UPだそうです。

そのキューバの中で圧倒的に人気の街は首都のハバナ

”Old Havanaa”と呼ばれるハバナの旧市街は世界遺産登録されています。
この街は、キューバがアメリカから約60年近く経済封鎖されていた影響で、スペイン植民地時代の街並みがそのまま残っており、1960年代のクラシックカーが今でも現役で走っています。

芸人のオードリーのツッコミ担当若林さんが、2017年にキューバを訪れたことをまとめた著書の中で、朝目覚めてハバナの街を見たときに、
「タイムスリップしたのか?!」
と思ったそうです。
それほどハバナは浮世絵離れした街です。
※これからキューバ行く方は必読です。

僕は2017年11月に3泊4日でキューバのハバナとバラデロを訪れました。

今回は、3泊4日のうち2泊3日を過ごしたハバナをご紹介。
教会や広場の紹介は嫌という程あるので、ここでは穴場スポットのみをご紹介します。
僕はこれまで世界4周してきましたが、首都ハバナは世界中にある1700年代スペイン植民地の名残がある街としては規模、美しさともに世界一です

トロント乗り換え

日本からキューバに行く場合、直行便はないので主に3つのうちどれかの国を経由しなければいけません。

  1. カナダ
  2. メキシコ
  3. アメリカ

この中で、最も値段が手頃で発着便が多いのがカナダです。
僕はカナダのトロントに住んでいます。
今回のキューバ旅行では日本から友達が4名合流し、トロント経由でキューバ入りしました。

キューバは社会主義国家ということもあり、入国ですったもんだありましたが、無事に到着。
皆さんはキューバ入国の準備は日本で抜かりなくしてくださいね。

到着したのはハバナから東に150kmほどに位置するバラデロ。
別の記事で書きますが、バラデロはキューバの中で高級なバケーション地として人気のため、格安航空券が往復であります。
また、バラデローハバナ間を走っているバスも格安・安心・安全なので、僕たちは

  1. 飛行機でトロントからバラデロ
  2. バスでバラデロからハバナ

へ向かいました。

約2時間後ハバナの中心地に到着し、ハバナ観光がスタートしました。

革命広場はクラシックカーで

到着後、さっそくキューバならではの宿「CASA(カサ)」を確保し観光へ。

まずは、キューバのシンボルになっている”チェ・ゲバラ”が描かれているビルがある革命広場へ。
革命広場は旧市街から遠いので、タクシーで行きました。

キューバのタクシーはもちろんクラシックカーです。
タクシーはクラシックカー以外もあり、値段はクラシックカーの方がやや高いです。

旧市街の近くにある、タクシー乗り場的なところにたくさんはたくさんのクラシックカーがあります。

自分たちの好みのクラシックカーを選び、旧国会議事堂前から革命広場まで10CUCでした。
ハバナの街をクラシックカーで走るのは爽快でした。

旧国会議事堂前から革命広場までおおよそ10分ほどで到着します。

さて、ここまでは一般的な観光です。
ここからが僕がおすすめハバナ穴場スポットのご紹介です。

ツアー編

革命広場前には多数のクラシックカーがあり、その中にはタクシーではなく、観光ツアーに連れて行ってくれるものもあります。

僕たちもクラシックカーのオープンカーに乗りたかったのですが、これまた値段が高いんです。
値段は時間別、一台でいくらの設定がされていました。

  • 30分:50CUC 
  • 45分:75CUC
  • 60分:100CUC

予算オーバーだったので、途方に暮れていたらキューバ人独特の親しみやすい笑顔の男女がこちらに。
その男女もツアーを行っているそうで、値段が“30分で15CUC”とびっくりするぐらい安かったのでついて行くと、目の前に現れたのは、キューバ独特の乗り物”ココカー”でした。

このツアーが大正解でした

はっきりと場所は覚えていませんが、このツアーでは主に旧市街以外のハバナを巡ります。
樹齢200年アフリカンツリーや、エレファントツリーに出会えたり。

新市街、貧困層が住む地区、コロン墓地。
途中にはおすすめのモヒートを作るお店を紹介してくれたり。

ハイライトは、キューバでも信仰している人が多いアフリカ系宗教の聖地。
神秘的な森の中にある川では、女性が儀式を行っていました。
この儀式は、女性はお腹に赤ちゃんを授かったときにするそうで、赤ちゃんが安全に元気に生まれることを願って行われるそうです。


僕たちはたっぷり1時間30分ハバナの街を案内してもらい大満足でした。

ココカーのおすすめポイント
・30分15CUCと値段が安い
・ハバナの旧市街以外を巡れる
・キューバ人の暮らしが垣間見れる
・素晴らしすぎるハバナの自然に出会える
・ガイド兼ドライバーは簡単な英語を話せてホスピタリティーが高い

お土産編

キューバは観光大国だけあって、そこら中にお土産屋さんがあります。

旧市街の中心地オビスポ通りを歩きながら気に入ったものを購入するのもありですが、後であっちの方が良かったとならないために、サンホセ民芸品市場は必須です。

オビスポ通りから徒歩15分ほどかかりますが、大型客船が停泊する客船ターミナルや、世界遺産の要塞群を眺めながら海沿いを歩いてください。

もう1つ絶対に寄ってほしいお土産スポットがあります。
それが”パルタガス葉巻工場”です。

旧国会議事堂の裏手にあり、コロニアル調の美しい建物です。

キューバ産の葉巻は高品質として名高く、タバコを吸わない僕でも、あの深い香りに病みつきになりました。

工場では、実際に作っているところを見学できるそうですが、僕たちは時間が合わずできませんでした。
しかし、入口横にある販売所は雰囲気が抜群にいいです。
中でもVIPルームなるものがあり、是非覗いてみてください。
葉巻の煙が立ち籠める室内は、渋い男たちで溢れており、雰囲気は最高です。

オビスポ通りを歩いていると、葉巻を売ってくる人がいますが、それらは闇葉巻と呼ばれており質はよくありません
葉巻を買わないにしても、パルタガス葉巻工場は雰囲気が抜群なので是非立ち寄ってください。

お土産のおすすめポイント
・サンホセ民芸品市場の品揃え豊富
・パルタガス葉巻工場の雰囲気はハバナ随一
・VIPルームで本物の男に出会える

食事 編

最後は食事編です。
そもそも、キューバの食事といえば”美味しくない”と有名です。
そんなことは断じてありません!!

こちらにも書きましたが魚介料理は絶品です。

ディナーやランチはこれで決まりですが、食事にはデザートとお酒が必須ですよね。

・デザートはアイス

お店の出会いは偶然でした。
旧市街観光スポットの中で人気のLa Bodeguita Del Medioの店前でモヒートを飲んでいると、現地に住む日本人ツアーガイドさんに話しかけれました。

そのガイドさんにイチオシのハバナスポットを聞いたところ
”ハバナで間違いなく一番美味しい”
と太鼓判を押すアイスクリーム屋を紹介してくださったのです。

それが、こちらHelad’oro。


広くない店内ですが、現地の方がひっきりなしに買いに来ます。
イチオシはモヒート味ですが、アイスは15種類ほどあるので、好きな味を選んで食べるのも贅沢です。
値段は4つ選んで4CUCです。

 

・夜はBARで生バンド

魚介類とデザートとくればお酒ですよね。
キューバのお酒はラム酒が有名です。
Havana Clubはキューバを代表するラム酒で、Havana Clubがたっぷり入ったモヒート、ダイキリ、キューバリブレはキューバ観光に欠かせません

そしてお酒に欠かせないのがミュージック
キューバはキューバンサルサに代表されるように、ラテン国家で街中はどこにいても音楽が流れいます。

そこでおすすめなのBARSia-kara barです。
旧国会議事堂の裏にあり、大きな道の角にあるので治安的にも問題がありませんし、タクシーも簡単に拾うことができます。

店内はとにかくおしゃれ。
毎夜生バンドの演奏があり、音の内容は落ち着いていたり、ラテンだったりとお酒がすすみます。

このお店は、現地人の間でもとても人気なBarだそうです。

キューバの音楽とお酒を味わいたいけど、落ち着いて飲みたくて、かつ夜出歩くのが心配な方はこのBarに決まりです。。

食事のおすすめポイント
・旧市街を歩き疲れたらアイスで一休み
・夜は生演奏とHavana Club
・飲みに行きたいけど治安が心配の方必見のBar

以上が、僕がおすすめするハバナ穴場スポットです。
是非どれか1つでも体験してください。
どれもキューバ、ハバナの最高の思い出になること間違いなしです!!

関連記事

  1. Canada×中卒

    海外で自炊の注意点!ワーホリ・カナダに住んで気付いた日本との違い。

    ワーホリビザを取得し、カナダのトロントで1年ほど生活しています。 …

  2. ピースボート

    ピースボート船内恋愛事情の真実!船で出会った夫婦が暴露。

    先日、twitterからこんなお問い合わせをいただきました。「…

  3. カンクン

    カリブ海リゾートの王様”カンクン”3泊4日のおすすめ観光地と全費用!

    アメリカ大陸随一のリゾート地であるメキシコのカンクン。 中でもカリ…

  4. 旅×中卒

    社会とビジネスのど真ん中を。帰国してから僕はこうして生きています。

    カナダのトロントから帰国して1ヶ月半が過ぎました。帰国当初は、迷宮…

  5. フィリピン

    ハロハロの国フィリピン首都マニラの激渋2泊2日

    フィリピン留学のためにフィリピンのマニラに降り立った。 世界4周し…

  6. キューバ

    ハバナの食事は不味い?!噂を覆す格安絶品ロブスターのレストラン3つ

    世界中の旅行者を魅了して止まないキューバ。 ただ、1つよからぬ噂を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ピースボート

    ピースボート船内恋愛事情の真実!船で出会った夫婦が暴露。
  2. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果
  3. 英語留学×中卒

    【家族でオンライン英会話】DMMより圧倒的にネイティブキャンプがおすすめ!
  4. 少年院

    中卒・高校中退者に捧ぐ。人生が面白くなる仕事探し5選!
  5. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』
PAGE TOP