少年院

暴走族に入った理由を話す僕が、少年院に入った事件を話さない理由


僕の住んでいる地域は、地元で有名な暴走族の拠点だった。
暴走族への憧れはコレっぽちもなかった僕は、中学二年生のクラスで、お兄ちゃんが暴走族のメンバーだった子と同じクラスになった。

”友達と思える人”がいなかった当時の僕は、その子と行動をともにするようになり、そのまま暴走族へ入った。

 

そして、2002年2月。
ついに、16歳の僕の腕に手錠がはめられた

あの冷たくて、寂しくて、切ない重りは今でも忘れない。

嘘をつく

未成年が逮捕された場合、鑑別所と呼ばれる施設に収容される。
その後に裁判が開かれ、3つの道に分かれる

①不処分
②保護観察処分
③検察官送致(逆走)

①は無罪だけではないみたいだが、実例は知らない。
ほとんどが②or③。
この違いが大きい。


②は少年法で審判
③は刑法で裁かれる

更生の見込みがある場合は②。
殺人など重大犯罪や、その子の過去犯罪歴から成人と同じ刑罰が必要とされた場合は③。

②は、少年法なので、前科は付かず保護観察処分。
③は、刑法なので、前科がつく。

前科が付くと個人の履歴に載るため、海外渡航の際、入国を拒否されたり、また入社の際に伝えなかったとして、懲戒解雇になる場合もある。
※刑の執行後10年で前科は消滅、もしくは執行猶予の場合は必要なし

 

少年法の場合、前科がつかないため、告知義務は一切ない。
少年院は少年法の一部のため、僕は入社時や海外渡航時に通知義務はない

 

しかし、学歴詐称はダメ
僕は、これまで数回学歴を詐称したことがある。

そのうち一回が、カナダでの入社時だ。

カナダはそんな国じゃない

嘘をつくのは気持ちいいものじゃない。
まして、会社の人たちは、僕を受け入れてくれているため、余計に心のどっかが引っかかっていた。

仕事がひと段落したこのタイミングで、数人の先輩に伝えた。
高卒と伝えていたが中卒であること
暴走族に入っていて、少年院に1年ほど入っていたこと

”別に伝えなくてもいいんじゃないか?”

たしかに伝えなくてもいい、とは思う。
ただ、僕は伝えたい人には伝えたい。

相手に信用してもらうために、今後も末長くお付き合いするために。

返ってきた言葉は

”気にするよな。
カナダはそういうことを気にする国じゃないから。”

なにをしたのか、は話さない

カナダに住んでいるだけあって、この言葉が実感とともに、僕の心に落ち着いた。
しかし、話すが進むにつれて、必ず聞かれることがある

”なにをしたのか”

この質問をすることについてはすごく理解できる。
僕も逆の立場だとするはず。

だけど、僕はこの”なにをしたのか”については、話すつもりはない

その理由は2つ。

理由① 傷ついた人がいるから

話をするときは、フランクな場が多い。
僕はお酒が大好きなので、9割はお酒片手で話している。

その雰囲気で、僕が事件のことや、してしまったことを話している場を、傷ついた人が見たら心地良いものではないと思う。

僕がしたことは、僕のヒストリーだけじゃない

 

必ず
誰かが
あの時傷ついた
誰かのヒストリー、でもあるから僕は話さない。

 

理由② ”なにをしたか”に引っ張られる

もう1つは話すことで、少なからず引っ張られる。

”少年院に入った元暴走族”
これだけで、ほとんどの人は僕に対してさまざまな先入観を持って僕に接する

なにをしたのか、なにで逮捕されたのかを聞くと、多くの人がどちらかの反応をする。
すごい!もしくは案外小さいな。

それで自分を計られたくない。

これから一歩を踏み出すあたなへ

僕は”社会の制度上、罰が消えたから、自身の罪が消えた”とは思っていない。
ただその罪が人間性を左右するものでもないと思っている。

僕たちの頭の中には、少なからず先入観がある。

生まれに対して
学歴に対して
人の過去に対して
愛の形に対して

それを理解した上で、これらは人間性を左右するものではないし、左右されたくない
その人は、あなたの目の前にしかいないから。

 

関連記事

  1. シェアリングエコノミー

    ブログのロゴ作成ならテレビCMで話題の『ココナラ』がおすすめ!

    ブログに欠かせないタイトルロゴ。 SEO対策や収益に直接関係ない、…

  2. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開

    ブログを書いている人であれば、ブログ界で有名なこの噂を必ず一度は聞いた…

  3. 日々の中卒

    東京で滋賀県主催のI・Uターンイベントへ

    東京に住んで約4年。 6歳の頃、京都市から泣く泣く滋賀県に引っ…

  4. 旅×中卒

    社会とビジネスのど真ん中を。帰国してから僕はこうして生きています。

    カナダのトロントから帰国して1ヶ月半が過ぎました。帰国当初は、迷宮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ピースボート

    大人気クルーズ旅行!これが僕のピースボートツアーを100倍楽しむおすすめ方法
  2. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  3. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開
  4. 少年院

    少年院にいる僕に親や家族がしてくれたこと。僕はこうして更生した。
  5. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』
PAGE TOP