ピースボート

洗脳か真実か?ピースボートスタッフとしての世界一周した6年間の物語


“世界一周99万円”

2010年2月。
居酒屋に貼られているポスターを見た僕は、”これだったらなんとかなりそう”と、貯金が160円しかない事実を横に置いて、漠然とした思い”だけ”で資料請求をした。

理由は2つ。
1つめは”世界一周に漠然とした憧れがあった”
2つ目は”人生を変えたかった”

あれから、6年と半後の2016年12月。世界4周、合計で約50カ国に訪れ、ピースボートスタッフを退職した。
これは最終学歴中卒、元暴走族から少年院に入った僕が体験した、NGOピースボートとの6年半の真実の物語

0円で行ける世界一周?!

漠然とした人生に対する不安を持っていた22歳。
やりたいことも特になく、
ただなんとなく”このままではアカン”って思ってた。

そんなときに、ある本に出会い導かれるままに、NGOピースボートの世界一周を資料請求した。

 

資料請求をしたときは、ほんまに行けるなんて思ってなかった。
せやけど一度気になると、街中に貼られているポスターがやたらと目に入ってくる

世界が遠くない感覚になってきた。
が、貯金160円。
99万円を貯めようと思ったら、3年くらいかかりそうやった。

そんなある日、ピースボートから電話があり、驚愕の事実を教えられた。
”世界一周の前に、ピースボートの活動を手伝えば0円で行ける!”
その言葉を頼りに、説明会に行き、ボランティア登録をし、ピースボートのボランティアスタッフ活動を始めた。

ボランティアスタッフは、全国にあるピースボートセンターを中心に行われているため、僕は大阪のセンターで活動を開始。
そこには、有名な大学に通っている人や、ヒッピー風な人広島弁の同じ年の男の子絵描きの女性、明らかな人見知りなど、地元滋賀県では会ったことのない人ばっかり。
それに、ほとんど全員が、僕が想像していた”世界一周するスゴイ人”ではなかった

ただ、1つだけ共通していたことは全員が”世界一周したい!”ということ。

途中で諦めた人もいた。
お金が足りなかったり
学業を選んだり
いつのまにか音信不通になったり

それでも、諦めず世界一周を目指した僕は、ボランティアスタッフを本格的にはじめて2.5ヶ月目の2010年7月。
ボランティアスタッフ割引が貯まり、世界一周船賃が0円になった。

そして、2010年8月。
東京から80日間の世界一周に出かけた。

お小遣い3万円だけ握りしめて。

はじめての海外が世界一周

実は、世界一周がはじめての海外体験だった。
それどころかパスポートを取ったのもはじめて。
せやけど、まわりは以外とそういう人も多かった。

そんな僕にとって、世界のすべては驚きに満ち溢れていた。

想像をはるかに超えた、圧倒的存在感のピラミット

 

街全体が美術館のような美しさのバルセロナ

 

 

うみ、そら、びーる、おんがく
すべてが最高に揃ったジャマイカ。

 

 

僕が住んでいる世界ってこんなに広くて、面白いんや!って驚いた。

これを知っただけでも、人生変わった。
だって、今まで考えていた自分の人生の世界がどれだけ小さかったか、知ることができたから。

そして、その世界を一緒に歩める友達がたくさんできた。
今でも続く宝物。
これが、世界一周の一番の宝物

ピースボートスタッフへ

めーいっぱいかっこよく生きるための道。
それがNGOピースボート。
働こうと思った理由は二つ。

1. はじめて会った”イケてる大人たち”

ピースボートスタッフはぶっ飛んでる人が多い。
”お金以外の豊かさを持ってる”って感じた。
それがめっちゃイケてた。

img_0005

 

いつも金欠やのに、アホみたいに飲むし、笑うし、泣くし。
人生ではじめて、カッコイイ生き方をしている大人たちに憧れ、近づき、越えたかった。


「一緒に平和産業を作ろう。」

大好きで尊敬するスタッフに言われた、この一言で僕はピースボートスタッフになった。

 

2. かつての自分みたいな若い人に世界を見てほしかった。

僕みたいな人が、世の中にはいっぱいいる。

自らの檻に入り
自分の人生の可能性を閉ざそうとしてるけど
諦めきれない人たちに、世界を見てから決めてほしかった。

それが、僕のピースボートに対する、社会に対する恩返しやと確信した。

ピースボートスタッフとしての6年半

人に恵まれた

愚痴ばっかり言う僕と毎日飲みに行き、一緒に頑張ろうと励ましてくれる同期。
家族のように迎えてくれた、僕の処女地球一周のStaffたち。

10520814_734584649948745_5033897603756181931_n

 

はじめての勤務地、ピースボートセンター福岡で出会ったボランティアスタッフたちと一緒に行ったイタリア。

img_4047

 

ピースボートの船内では、さまざまな企画が行われる。
その中にはピースボートスタッフと乗船者が一緒に作っていく企画もある。

スタッフとしてはじめて世界一周したときは、そういった企画を担当していた。
そこで出会った人たちは、同志であり、親友であり、家族。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出会いは、綺麗なものばかりではない。

”世界の矛盾”にも出会った。
ヨルダン難民キャンプで出会った同世代の男性。

dscn0483

「僕たちはただ自宅に帰りたいだけ。ただそれだけ。」
あの一言を僕は一生忘れない。
人生観、世界観が音を立てて変わった瞬間。

 

3回目の世界一周は350名の同世代と
めちゃくちゃ楽しくて、アホほど飲んで、語って。

475

 

同じ時代を、一緒に歩んでいけることに感謝した。

この旅では、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所にも訪れた。
昨年の世界一周で、訪れたヨルダンの難民キャンプが作られた歴史の中で、欠かす事が出来ない場所。

この地だけで、約200万人にものぼる人が殺された場所。
アウシュビッツ強制収容所唯一の日本人ガイドの中谷さんに案内していただけた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

人々は列車で収容所まで運ばれ、到着後、医者に右と左に分けられた。

右は労働への道、地獄への道
左はガス室への道、死への道。

上の写真が、死への道。
当時もなにも知らされず、この道を歩き、ガス室へ向かわされたと思うと、背筋が凍りついた。

このツアーでは強制収容所に収容され、生き残った方に直接話を伺える機会もあった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

4回目の世界一周スタッフは 、船内の企画責任者として乗船。

僕と向き合って、支えてくれたスタッフと仕事できたことは僕の誇りです。
ハワイの夜、アロハ着て、みんなで飲みに行った。
ワイキキビーチって最高よ。

img_1131 10628115_998872140151653_5286560182508274248_n

 

Peace&GreenBoatも忘れてはならない。

日本から500名
韓国から500名
”近くて遠い国”と称される国に住む人たちとの共同生活。

ピースボートスタッフ人生の中で、もっとも意義を感じたクルーズ。

img_0932img_1953

 

南極、北欧、北極圏、マチュピチュ。
地球の美しさにも魅せられた。

imgp1184 imgp9763 img_0752 img_1081 img_0610

 

出会い

ピースボートは出会いに溢れている。
ピースボートに関わる中で出会った人、地球、体験がなによりの宝物。

1465388_796830580343003_609554358_n

 

面白きなき世を、面白くさせるのは”出会い”

この記事を読んでいるということは

・世界一周に興味がある
・ピースボートに興味がある
・だけど一歩踏み出せない

みたいな人が多いんじゃないかと思います。

僕は約7年ピースボートに関わりましたが、ピースボートの世界一周はメリットもあれば、デメリットもあります。
しかし、僕は参加し、関わったことを少しも後悔していません

世界一周を経験した、パイセンとしてあなたに一言
世界は想像以上に面白い!

今なら旅人であり、僕が敬愛する四角大輔さんが執筆したガイドブックが無料でもらえます。
ガイドブックはこちら>>ガイドブックの無料請求  

 

関連記事

  1. カンクン

    カンクン旅行なら鉄板グランセノーテと秘境セノーテへ。

    メキシコのユカタン半島に位置するカンクン。 アメリカ大陸随一のビー…

  2. 日々の中卒

    最後だとわかっていたら…3月11日を大切な人を想う日に

     今日は東日本大震災から6年。岩手日報からのとっても素敵で…

  3. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果

    アホな政治家が「女性は産む機械」と発言したり、社会に蔓延っている”不妊…

  4. Canada×中卒

    トロントでワーホリ生活をはじめて3日目で起きたハプニング

    3月25日01:30pm 今にも破裂しそうなワクワクと荷物を持って…

  5. ブログ

    欲深きブログ初心者におすすめ有料テーマ!WordPressなら『MAG』

    ブログをはじめて1年が経ちました。 安易な気持ちではじめた当初は「…

  6. フィリピン

    ハワイより絶対おすすめボラカイ島!世界一の海・レストラン・夜遊び旅行記

    2ヶ月のフィリピン留学を決めたとき「2ヶ月も勉強するなら〜、やっぱ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 英語留学×中卒

    【家族でオンライン英会話】DMMより圧倒的にネイティブキャンプがおすすめ!
  2. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開
  3. ピースボート

    洗脳か真実か?ピースボートスタッフとしての世界一周した6年間の物語
  4. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  5. ピースボート

    ピースボート船内恋愛事情の真実!船で出会った夫婦が暴露。
PAGE TOP