Canada×中卒

ワーホリで遊び・仕事を満喫したい人に捧ぐ。高給料おすすめ仕事はコレ!


ワーキングホリデービザは2018年時点で、日本は19カ国と協定を結んでいます。
このビザは約1年の間遊んでも、学校に行っても、仕事しても良いのに、他のビザに比べると簡単取得することができる最強のビザです。

僕は妻とカナダのワーキングホリデービザ(以下ワーホリ)を取得し、約1年間カナダのトロントで生活しました。
ワーホリをしようと思った理由や、カナダを選んだ理由は下記に書いていますが、一言で言えば

『稼ぎつつ、現地も満喫したかった!!』
です。

この記事は現地を満喫して、稼ぎたい欲張、りさんに捧げるおすすめ仕事の紹介です。

それでは紹介します。
現地を満喫して、稼ぎたい欲張りさんに捧げるおすすめ仕事は『日本語ツアーガイド』です!

ツアーガイドの仕事内容

ツアーガイドは、観光地をガイドするだけではなく他にも仕事があります。
細かく分けるとキリがありませんが、共通は4つです。

ツアーのガイド

まずは観光ツアーのガイドです。
カナダのトロントに住んでいた僕が案内した観光地は2つです。

  • カナダ最大の街トロント
  • 世界三大瀑布ナイアガラの滝

割合はトロント0.5割<ナイアガラの滝9.5割

お客様の内訳は個人のお客さん、添乗員付きの団体ツアー、修学旅行で来た高校生までさまざまな方を案内しました。

空港でのお出迎え

海外の空港に到着すると、出口でプラカードを持っている人いますよね。
その人たちの8割はツアーガイドです。

内容は空港でお出迎えし、忘れ物や荷物の紛失・破損がないか確認し送迎車までご案内します。
送迎車に同乗してホテルまで案内することもあります。

ホテルのチェックイン

ホテルのチェックインもご案内します。
難しくはないですが、Free wifiの有無などホテルによってアナウンスが異なります。

ホテルのレセプションは問答無用の英語で説明してきます。
日本語で説明しても有料のWIFIをつないでしまう方もいらっしゃるぐらいですから、それを丁寧にご案内します。

また海外のホテルはシャワーの使い方など、日本とは異なる点も多いですから。

空港のチェックイン

帰国もしくは他地域に移動されるときに、空港でチェックインをお手伝いします。

最近は日本の空港のようにカウンターで荷物を預けず、自分でタグを発行し機会に通す空港が増えています。
また出国手続きや、出国空港で次の国の入国手続きが必要な国もあるので案外めんどくさいです。

それをご案内して、飛行機が飛び立ってさようならです。

以上がツアーガイドの主な業務内容になります。

さて、ここからが僕がワーホリで現地を満喫して、稼ぎたい欲張りさんにツアーガイドをおすすめする理由になります。

短期間で稼げる

ほとんどのツアーガイドは短期間の雇用になります。

繁忙期が短い

観光地にはシーズンがあります。
シーズンオフのときには日本からお客さんがほとんど来られないため、限られた雇用期間となります。

どこの観光地もおおよそ5~7ヶ月ほどです。
僕は4~11月まででした。

また、この期間でも超忙しい繁忙期は2~3ヶ月です。
しかし、この5~7ヶ月で一年分を稼いでしまうわけです。

チップが高い

時給はその国によって異なりますが、最低時給から毛が生えたくらいです。
しかし、これは他の仕事でも変わりません。

ではなぜツアーガイドの給料がいいのか?
それはチップ(Tip)の存在です。

仕事には必ずチップが付いていますし、チップの相場が高いです。
ツアーガイドは繁忙期になれば、細かい仕事も含めて1日に2~3コの仕事をすることがあります。

そうするとチップだけで1日の時給を超えることもあります。

遊びと仕事で半分づつ

チップを含む高額な給料を5~7ヶ月という短期間で得られるので、残りの時間を旅行など遊びや英語の勉強に費やす事ができます。

僕はアメリカやラテンアメリカにアクセスが良いトロントに住んでいたので、
カナダ国外ではニューヨーク、メキシコ・カンクン、キューバ・ハバナ
カナダ国内ではカナディアンロッキー、オタワ、モントリオールに旅行に行きました

タイムズスクエアで人生最高のカウントダウンの迎え方
カリブ海リゾートの王様カンクン”34日のおすすめ観光地と全費用!
絶対外さない23日キューバ・ハバナ観光の楽しみ方
23日カナディアンロッキー。レンタカーで行ける極上10

このビザの名前は”ワーキングホリデー”です。
僕は仕事と遊びを目一杯楽しみたかったので、短期間で稼げるツアーガイドはばっちりでした。

現地国のことを深く知れる

とは言ってもツアーガイドは簡単な仕事ではありません。

繁忙期は休みなく働くので体力も必要です。
なによりガイドするために知識・情報が必須なので勉強が必要不可欠です。

また必要な知識・情報はガイド内容だけではありません。
お客様は道中で気になったことなど様々な角度から現地情報について質問してこられます。

例えば僕がお客様に聞かれた質問の一例です。

  • カナダには原子力発電所はありますか
  • カナダでは北朝鮮ミサイル問題はニュースになっていますか
  • カナダはなぜ差別が少ないのですか

質問に『ある・なし』だけ一言で答えることはできますが、それではお客様は満足されません。
そこからいろいろと話を展開していく知識・情報が必要になるので、僕は日々Google先生や先輩ガイドを頼りました。

ですが、その分だけ現地のことを深く知る事ができます。

現地に住んでいると日本との違いなどに気づく事はたくさんあります。
ただそれが『なぜ、どうして』まで知ることは少ないです。
それらにアンテナを張りながら、調べていくことによってお客様への質問に答えられるようになります。

勉強は大変ですが、得た知識をもとに充実した海外生活を過ごす事ができますよ。

目に見える成果が得られる

ツアーガイドをするためにはほとんどの地域でガイド資格が必要です
資格の取得は有名な観光地ほど難しくなります。

カナダではカナディアンロッキー、ナイアガラの滝、プリンスエドワード島など。

僕はナイアガラの滝のガイド資格を取得しましたが、テストは簡単ではありませんでした。
もちろんテストはすべて英語です。

ただ、資格を取れたことによってワーキングホリデーの目に見える成果を得ることができました。

それに資格は帰国後に就職するときに大きな強みになります。
『海外で資格取得』『海外生活で挑戦し成果を得たこと』に変換できますから。

友達・家族を案内できる

資格を持ちガイド経験を活かし日本から来た友達・家族を案内するとかなり喜んでくれます。
まがいなりにもプロガイドですから。

お客様が喜んでくれることも嬉しいですが、知人が喜んでくれることは一味違います。

僕がガイドをして良かった副産物でした。

番外編:会社の選び方

世界的な観光地であればあるほどガイド会社もたくさんあります。

もちろんですが会社によって待遇が異なりますので、僕なりの良い会社を選ぶポイントをご紹介します。

研修制度が整っている

会社を選ぶ最も重要なポイントが研修制度です。

ほとんどの会社で研修制度があるとは思いますが、研修期間に給料が発生するかが1つの目安です。
研修期間に給料が発生するということは研修に力を入れている証拠です。

日本はブラックですが、海外では研修もすべて勤務時間ですから給料が出るのは当たり前です。

コミッションがある

ガイド会社の収入は大きくわけると3つになります。

  1. ガイド料
  2. お土産屋などへの紹介料
  3. 販売物からのコミッション

この中の3”コミッション”とは、ツアー中の販売物の売上に対して販売者が売上の一部を受け取れることです。

自分がお土産屋さんに案内したお客様が購入した一部をもらえる、みたいな形です。
これがあると給料が全然変わりますし、なにより会社が従業員を大切にしている指標になります。

まとめ

現地を満喫して、稼ぎたい欲張りさんに捧げるおすすめ仕事”ツアーガイド”はいかがですか。

ワーキングホリデーに行く理由・目的は人それぞれあると思います。

せっかくなら人生に一度きりかもしれない現地生活を思う存分楽しんでくださいね。

関連記事

  1. Canada×中卒

    夫婦でフィリピン留学&カナダのトロントへワーホリ!

    ”結婚は墓場”なんの根拠もないこんな言葉が世間では広く話されている…

  2. Canada×中卒

    【簡単解決】LINEマンガや最新単行本を海外から完全無料で読む方法!

    僕が海外生活をはじめて、最も困ったこと。 それは、ワンピースの最新…

  3. Canada×中卒

    英語だけじゃない!ワーホリ・カナダに来てよかったこと100コ集めてみた

    夫婦でカナダのワーホリビザを取得し、トロントで約10ヶ月生活しました。…

  4. Canada×中卒

    トロントでワーホリ生活をはじめて3日目で起きたハプニング

    3月25日01:30pm 今にも破裂しそうなワクワクと荷物を持って…

  5. Canada×中卒

    【詳細説明】2泊3日カナディアンロッキー!レンタカー旅の費用と日程

    カナディアンロッキー旅行の感想を一言で言うと もう、好きで好きでた…

  6. カンクン

    カリブ海リゾートの王様”カンクン”3泊4日のおすすめ観光地と全費用!

    アメリカ大陸随一のリゾート地であるメキシコのカンクン。 中でもカリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』
  2. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  3. フィリピン

    ハワイより絶対おすすめボラカイ島!世界一の海・レストラン・夜遊び旅行記
  4. ピースボート

    世界一周が無料ってホンマでっか?ピースボートのボランティアの真実
  5. プロフィール

    あらいちゃん(あらいひろふみ)のプロフィール
PAGE TOP