Canada×中卒

帰国前日に充実しすぎた1年のワーホリ・カナダ生活を振り返ってみた。


ついに携帯も止まり、銀行の口座も解約しカナダドルから日本円への換金も終わりました。

荷物のパッキングも妻がしてくれたおかげで明日、日本行きの飛行機に乗り込むだけです。
外はトロントらしく-9℃ですが気持ちは晴れやかです。

始まりから帰国話

振り返ればカナダ到着3日目に妻と日本に帰国するかの話し合いをしたのがワーホリ・カナダ生活のはじまりでした。

なぜならカナダに渡航する前のフィリピンでもらったのか、僕の左足が化膿しあまりの激痛に歩けなくなりました
また体温計で計らずともわかる高熱も発症し、日本から準備していた仕事の面接も飛ばしました。

意気消沈している僕に妻がかけた言葉は
「日本に帰国してもいいよ。」

えーーーー!!
カナダにも病院はあるから!!

部屋探しで危うく詐欺にあう

心身ともに回復し、次は家探しへ。

ここでもハプニングがあり、危うく詐欺に合うところでした。
間一髪のところでカナダ在住の友達に助けていただきました。

ハプニングだらけ

その他にもカナダ生活が始まってすぐはハプニングの連続でした。

レンタカーのキャンセルを失敗して高額支払いしたり。
銀行口座が突然凍結されたり。
妻がはじめて見つけた仕事がエロマッサージ屋だったり。

そんな中で最も強烈だったのが、妻とカナディアンロッキーに旅行に行った帰り、テロに巻き込まれそうになったことです。
いろんな意味で冷や汗が止まらないハプニングでした。

地の利を活かして旅行三昧

ワーホリ先に選んだカナダのトロントは、近くにカナダ最大規模の空港レスターBピアソン空港(トロント空港)があります。
この空港から格安便がたくさん離発着していますし、ニューヨークへ片道$1で行けるBUSもあり旅行の拠点としても抜群に良いです。

滞在中はこの地の利を活かして、今までにないペースで旅行に行きました。

初旅行はThe Canada『カナディアンロッキー』です。
久しぶりに恋するほど好きになった場所でした。

その後は1人で大西洋のバミューダ諸島から世界一周中のピースボートに乗船しベネズエラとパナマに訪れました。

そして8月に妹が来たタイミングで北米のパリ『モントリオール』とカナダの首都『オタワ』を弾丸で巡り、マスコーカ地方では友達が持つ離島のコテージで優雅な2泊3日を過ごしました。

10月末で仕事がひと段落してからは、日本から来た友達のスットコドッコイ4人組とカリブ海の真珠『キューバ』へ。

ロスバケ、入国に必要なビザと保険を忘れ、日程間違えなどトラブル多発でしたがキューバ人の優しさに癒され、首都であり世界遺産の『ハバナ』の街並みに惚れ、世界一美味しいダイキリに酔いしれた最高の旅でした。

そして結婚して3年目にしてはじめて結婚記念日を一緒に過ごしたのは、世界有数のリゾート地メキシコの『カンクン』

世界遺産チチェン・イッツァはもちろん、カンクンがあるユカタン半島にしか存在しない神秘の泉セノーテに感動しっぱなしでしたが、最も感動したのは宿泊したオールインクルーシブのクオリティの高さでした。

”オールインクルーシブ”とはすべての食事、お酒が無料のプランで、まさに至れり尽くせりです。
カリビアンブルーの海も最高に綺麗で、ホテルも良し、冒険もできて忘れられない地になりました。

最後の旅行は、これまた日本から来た友達とニューヨークのタイムズスクエアでのカウントダウンです。
あれほど辛くて、最高なカウントダウンは一生ないと言い切れる体験でした。

出会いに恵まれた

ワーホリ・カナダ生活はとにかく出会いに恵まれました

『多文化・多様性に触れたい』
という思いからワーホリ先をトロントに選んだこともあり、合計3回の引っ越し先すべてでカナディアンと同居しました。

ホームステイ先では、たまに来る母親がなにかしらを吸ちゃってハイになるゲイカップルホストからカナダの懐の深さを学び、
シェアハウスでは冷蔵庫に入れていたお弁当を勝手に食べちゃったり、休みの前日は絶対にハイになる愛すべき隣人たちからカナディアンライフを学び、
日系夫婦の大家さんにはカナディアンの優しさを教えてもらいました。

人生ではじめてできたホームレスの友達マイクにはカナダの多様性、強さを教えてもらいました。

ゲイビレッジの面白さだけでなく愛と野球のチケットと酒と笑いを与えてくれたゆうちゃん、えりか。

そして、とりわけ職場には感謝してもしきれないほどのお給料と学びをいただきました。
ナイアガラ・トロントでツアーガイドをできたことでカナダでの生活が想像以上に豊かなものになりました。

なぜワーホリをしたのか

帰国する今だから改めて『なぜワーホリをしたのか』。

夫婦ともに海外で暮らしてみたいという思いがありました。
それは端からすると浅はかな思いなのかもしれませんが、浅かろうが深かろうが夫婦になったときから2人のペースで2人が考える豊か』に生きていくと決めた一歩でした。

そして渡航先にカナダ・トロントを選んだ理由にもつながりますが、僕たちはどんな街で生きていきたいのか多様性のある暮らしとは?を知るために日本を離れる決断をしました。

カナダ最大の都市でありながら、東京とは比べものにならないほど街が小さく、時には不便さを感じるトロント。
しかし東京や日本にはない豊かさがあり、便利さよりも豊かさがある街でした。

カナダに魅了された

カナダに魅了された一年でした。

妻と「あと2~3年滞在したいね。」
と話し合ったこともありましたが、いまは2人とも少しの二日酔いと全快に晴れやかな気持ちでいます。

僕が大好きなAppleの創設者スティーブジョブスも言っていました。

you can’t connect the dots looking forward
you can only connect them looking backwards.
So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
You have to trust in something your gut, destiny, life, karma, whatever.

将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。
できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。
だから、私たちは今やっていることが、いつか人生のどこかでつながって実を結ぶと信じるしかありません。
それは本能、運命、人生、宿命、何にせよ信じなければなりません。

カナダで過ごした期間が今後の僕たちの人生にどのような影響を与えるのかはまだわかりません。

ただ、確信しています。
カナダに来て間違いなかったって。

新たな章の始まり!

明日カナダを離れます。

あらためて、カナダで出会ってくれたすべての人に愛を込めてThank you very much!!

そして、これから僕たち2人にとって新たな章がはじまります。

いつも通りお土産はありません。
あるのは大きな野望と未来への優しさだけです。

これまで通り、そしてこれまで以上によろしくお願いします。
We can fly anytime and anywhere!!

関連記事

  1. Canada×中卒

    【簡単解決】LINEマンガや最新単行本を海外から完全無料で読む方法!

    僕が海外生活をはじめて、最も困ったこと。 それは、ワンピースの最新…

  2. カンクン

    【完全解説】カンクンからレンタカーで行く世界遺産チチェンイッツァ

    アメリカ大陸随一の観光地メキシコのカンクン。 THEカリビアンブル…

  3. Canada×中卒

    【詳細説明】2泊3日カナディアンロッキー!レンタカー旅の費用と日程

    カナディアンロッキー旅行の感想を一言で言うと もう、好きで好きでた…

  4. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』

    『アクションカメラ』の代名詞Gopro(ゴープロ)。 いまや世界中…

  5. 日々の中卒

    【夫婦必見】夫婦でフィリピン留学は完全英語環境!

    中学校以来の学校生活が始まって早3週間。 15年ぶりの学校生活は、…

  6. キューバ

    絶対外さない2泊3日キューバ・ハバナ旅行の厳選穴場観光地!

    憧れの国キューバ。 2015年にアメリカとの国交回復に伴い、世界中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  2. 少年院

    中卒・高校中退者に捧ぐ。人生が面白くなる仕事探し5選!
  3. 少年院

    少年院にいる僕に親や家族がしてくれたこと。僕はこうして更生した。
  4. ピースボート

    大人気クルーズ旅行!これが僕のピースボートツアーを100倍楽しむおすすめ方法
  5. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開
PAGE TOP