Canada×中卒

【2018年版】トロント+ニューヨーク観光旅行ならfree wi-fiよりレンタルWifiを借りるべし!


スマホが普及し、日常的にどこでもネットに接続できる現代。
海外旅行に行った際、Freeのwifiがどれだけ整備されているかなど気になりますよね。

僕はトロント・ナイアガラの滝周辺のツアーガイドをしています。
またニューヨークも旅行で行きましたし、トロントとニューヨーク旅行プランが人気なので、そのお客さんからいろんな声を聞きました。

>>ニューヨークのタイムズスクエアで最高のカウントダウン!

その経験から、トロント・ニューヨークの短期観光旅行でレンタルwifiは必要かどうかをまとめました。

一言で必要か?

トロント・ニューヨークの街中では、至るところでFreeのwifiが整備されています。
その数は、日本とは比較にならないほどです。

しかし結論から言うと、短期であればあるほど日本でレンタルwifiを借りてくることを強くおすすめします。

僕がレンタルwifiを借りることをおすすめする理由はこちら。

1.”どこでも繋がる”よりも、”思ったより繋がらない”という印象です
2.街が広いため『次に行くところを探しながら行動する』になります
3.街を散策する旅行の場合、いちいちwifiがある施設を探す、手間と時間がもったいない
4.スマホさえいつでも繋がる状況にしておけば、ガイドブックなどもいりません
5.ツアーのお客さんでレンタルwifiを借りなかった10人に7人は後悔されていました

Free wifiはセキュリティが弱い

そして、最も大きい理由はFree wifiはセキュリティが弱いということです。
ほとんどの人が、Amazonなどスマホ上でクレジットカードを入力し、決済をされていますよね。

Freeのwifiはセキュリティが弱いため、それら重要情報が盗まれたりすることもあります。

対策はもちろんありますが
その対策は、Freeのwifiを繋げられないという状態になります。

なぜなら

パスワードやログインが必要なサイトにアクセスしない
クレジットカード情報が入力されているアプリ、サイトにアクセスしない
個人情報があるアプリ、サイトにアクセスしない

というものになるからです。

使えるレンタルwifi

まずは、現地で借りるのは割高&時間の無駄です。
ですから、羽田空港もしくは成田空港で受け取れる日本のレンタルwifiをおすすめします。

◆おすすめレンタルwifi3社
>>海外パケット定額 グローバルWiFi

>>イモトのWiFi 

>>Wi-HO!

この3つのレンタルwifiなら問題なくつながります。
どれもサイト内で、旅行日数と容量に合わせて料金シュミレーションできるので、旅行プランに合わせて試してみてください。

それでは、ここからは各街ごとのwifi事情です。

トロント Free wifi事情

トロント空港

トロントの玄関口でもあり、カナダ最大の空港でもある正式名称レスター・B・ピアソン国際空港ことトロント空港のwifiについてです。

トロント空港はターミナル1と3がありますが、どちらとも無料wifiが完備されています。
空港到着時点から接続できるほど強いwifiで、また接続はとても簡単です・

公共交通機関

公共交通機関を使い、トロント空港から市内まで行く場合は2つの方法があります。

  1. TTC(トロント・トランジット・コミッション)
    バス、路面電車、地下鉄を運行しており、トロント市内をほぼ網羅しています。
    片道CA$3.25で、トロント空港→バス→地下鉄を乗り継ぎ市内に行けます。
    このうち、地下鉄の駅構内のみ無料wifiが接続できます。
  2. UP(ユニオン・ピアソン・エクスプレス)
    トロント空港から市内の中心駅であるユニオン駅まで25分で行くことができます。
    片道 CA$12.35
    駅構内はもちろん、電車内も無料wifiを接続できます。

ホテル

トロントの有名ホテルでのwifi事情は必ずしも優れていません。
wifiが有料もしくはロビーだけ無料というところが多いです。

JTBやHIS、近鉄さんを使って旅行を手配した場合、主に使われるホテルをご紹介します。

◆部屋でも無料で使えるホテル
ホリデーインダウンタウン、チェルシーホテル、ストラスコナホテル、インターコンチネンタル

◆ロビーは無料でその他は有料
シェラトン、フェアモントロイヤルヨーク、ダブルツリーヒルトン、ヒルトン、ウェスティンハーバー

◆すべて有料
ボンドプレイス

主要ホテルは2/3が部屋でのwifi接続が有料になっており、平均1日CA$12かかります。

ホテルでwifiが接続できないのは、翌日の旅の予定をホテルで立てずらいため、かなりマイナスポイントです。   

カフェ、飲食店

多くのカフェ、飲食店で無料のwifiを接続することができます
代表的かつ市内にたくさんあるこの4つは鉄板です。

  • Tim hortons
  • スターバックス
  • Second Cup
  • Mac Donald

この中にある『Tim hortons』は、馴染みがないと思いますが、カナダ発祥のコーヒーショップで、カナダ国内では最も店舗数が多いチェーン店としてカナダ人に親しまれています。
”人が歩けばTim hortonsに当たる”というほどトロント市内にたくさんありますが、wifi接続が難しいのが難点です。

ローカルなカフェや飲食店でも無料のwifiを接続できるところが多いです。
しかし、必ずあるわけではありませんし、”1時間限定”など時間制限があるところもあります。
入店後に店員さんに確認してください。

その他

他にもおすすめの無料wifi接続ポイントをご紹介します。

  1. Eaton Center(Dundas駅、Queen駅直結)
  2. Hudson’s Bay
  3. Yorkdale Shopping center(Yorkdale駅直結)
  4. 市立図書館
  5. 5大銀行の支店

1.2.3は大型ショッピングモールで、無料wifiも完備されていますが混雑していると接続が不安定になります。

市立図書館はどこでもあるわけではありませんが、安定的にwifiが接続できます。

意外と助かるのが5大銀行の支店です。
五大銀行とはRBC、TD、Scotia、BMO、CIBCの5つです。
これら五大銀行の多くの店舗(支店)では接続可能なwifiがあります。

ネックなのは、銀行設備を使わないのにwifiを使っている人がまったくいない中で使わなければいけない、というところです。

ナイアガラの滝 Free wifi事情

一言で書くと、ナイアガラの滝周辺ではFree wifiに期待しないでください。

ナイアガラの滝周辺にはStabacksがほとんどのホテルロビーに入っていますが、無料wifiはありません

またほとんどのホテルも半分以上でwifiが有料になっています。

◆部屋でも無料で使えるホテル
オークスホテル、マリオットホテル、ラマダホテル

◆ロビーのみ無料
スカイラインホテル

◆すべて有料
シェラトン、ヒルトン、クラウンプラザ

ナイアガラの滝に行かれる方は、レンタルwifiを借りてきて間違いないです。

ニューヨーク Free wifi事情

空港

ニューヨーク周辺にはラガーディア空港(LGA)、JFケネディ空港(JFK)、ニューアーク空港(EWR)の3つの空港があります。

この3つの空港では無料wifiが接続可能ですが、ある制限があります。
その制限とは『30分のみ無料』です。

「世界一有名な街の隣接空港で無料wifiが30分?」
と目を疑いましたが、30分できっちり接続が切れました

飛行機を降りると繋ぎたい気持ちはわかりますが、入国審査を越えてから繋がれるのが無難です。

※豆知識
アメリカの入国審査は厳しく、入管による質問が多かったりと他の国に比べて時間がかかることが多いです。
ただカナダ経由の場合、カナダ側(カナダの空港)でアメリカの入国審査を受けるため、アメリカ到着後は荷物のピックアップのみになります。

地下鉄

ニューヨークは地下鉄でどこでも行くことができます。
また東京ほどややこしくないので助かります。

さて地下鉄で無料wifi事情ですが、2017年1月からすべての駅構内で無料wifiが接続可能です。

タイムズスクエアのカウントダウン後、最も混み合う駅でも接続できたので問題ありません。
ですが、走り出した電車内では繋ぐことはできません

Link NYC

これは街中にあるLinkと呼ばれる立て看板(ステーション)がFree wifiを発信していおり、周囲45mであれば無料で接続が可能という優れものです。

マンハッタンを中心に2015年からはじまったLink NYCというプロジェクトで、2018年1月現在ではマンハッタン、ブルックリンなど1252ヶ所に設置されており、295ヶ所で増設予定です。

接続方法も簡単で、mailアドレスを入力するのみです。

ただ、”どこでもある”という感覚ではなく、街中で探すのもそれなりに一苦労です。

カフェ、飲食店

こちらはトロントと環境が似ています

定番のスターバックスはもちろん、マクドナルドは街中の至る所に店舗があります。
ただ、スターバックスに関しては小さな店舗で無料wifiが提供されていませんでした。

他にはダンキンドーナツなどもおすすめです。

またローカルカフェ、飲食店ではすべてのお店でFree wifi完備ではありません
もちろん、日本と比べれば圧倒的にwifi環境はありますが、何気なく入ったおしゃれなカフェ、飲食店でwifiがなかったりするので購入前に確認は必須です。

その他

有名観光スポットの中では、こちらが無料wifiが接続可能でした。

  • メトロポリタン美術館
  • ニューヨーク近代美術館(MoMa)
  • ニューヨーク市立図書館

市立図書館は、映画『セックスアンドザシティ』の舞台になったニューヨーク公立図書館本部が有名です。
入館には荷物検査が必要で、館内は図書館利用者以外が座れるところは少ないです。

各街のまとめ

各街のまとめです。

こう見ると不便なく過ごせそうですが、トロントに住んでいて、ナイアガラの滝をガイドして、ニューヨークを旅行すると無料wifiは不便だと感じます。

特に、トロントとニューヨークは街歩きになるので、随時調べる必要がありますから不便さを感じました。

レンタルwifi比較

さきほども紹介しましたがレンタルwifi業者の中で、おすすめは3つです。

海外パケット定額 グローバルWiFi

個人的にはグローバルWiFIが圧倒的に一番おすすめです。

理由は

最も安定的に接続できる
容量(データー量)に合わせて選べる
カスタマーサポートがLINEで対応してくれる
最低でも5%、登録しておけばお得な割引が届く

グローバルWiFIはウェブ申し込みからの特典が多く、利用料/補償が5%OFF、機械の受け渡しが無料になります。
海外パケット定額 グローバルWiFi

他に比べると高いイメージがあるグローバルWiFiですが、今なら4G回線を7日間借りて1日900円前後で借りられます。
これは他に比べても遜色ないです。

イモトのWiFi 

『世界の果てまでイッテQ』でおなじみの芸人イモトさんが全面に出ていることもあり、レンタルwi-fiでは最も有名です。

こちらは料金シュミレーションが簡単にできるので試してみてください。

Wi-HO!

Wi-HO!は学生に優しいレンタルWifiです。
いつでも学生応援キャンペーンをおこなっており、最大40%OFFなどもあります。

学生なら圧倒的にWi-HO! です

まとめ

wifiが繋がっているのが当たり前のこの時代。
wifiが接続できないことが、海外旅行で最も感じるストレスの1つとも言われています。

また、短い旅行期間を効率良く過ごすにはwifiは必須アイテムです。
wifiが有料のホテルを選び、レンタルwifiにするという人も多いです。

旅行ガイドブックより圧倒的に役に立つレンタルwifi。
ニューヨーク、トロント、ナイアガラの滝旅行の際には必須でしょう。

関連記事

  1. キューバ

    【安心・安全】バラデロ〜ハバナ間の格安バス移動完全版

    世界中の旅行者が憧れる国”キューバ”。 日本人旅行者も増えてきては…

  2. ピースボート

    20代で行くピースボート世界一周!メリットとデメリットまとめ

    ピースボートの世界一周。旅好き、旅行好きなら誰でも知ってるピースボ…

  3. カンクン

    【完全解説】カンクンからレンタカーで行く世界遺産チチェンイッツァ

    アメリカ大陸随一の観光地メキシコのカンクン。 THEカリビアンブル…

  4. Canada×中卒

    ワーホリで遊び・仕事を満喫したい人に捧ぐ。高給料おすすめ仕事はコレ!

    ワーキングホリデービザは2018年時点で、日本は19カ国と協定を結んで…

  5. 旅×中卒

    カナダワーホリから帰国。日本での住まいや就職は?!

    カナダのトロントから帰国して1ヶ月半が過ぎました。帰国当初は、迷宮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. プロフィール

    あらいちゃん(あらいひろふみ)のプロフィール
  2. 日々の中卒

    メンズ諸君!今すぐブラジリアンワックスで脱毛すべき4つの理由
  3. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  4. 英語留学×中卒

    【家族でオンライン英会話】ネイティブキャンプがDMMより圧倒的おすすめ説!
  5. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果
PAGE TOP