旅×中卒

カナダワーホリから帰国。日本での住まいや就職は?!


カナダのトロントから帰国して1ヶ月半が過ぎました。

帰国当初は、迷宮のような東京の鉄道事情にアタフタしながら人の多さにゲロゲロしていましたが、今では満員電車に乗ると、カバンから手を離しても地面に落とさない術を覚えるまでになりました。

そんな僕に、多くの方から2つの質問をいただきます。

  1. 「どこに住んでいるのか。」
  2. 「なにをしているのか。」

今回は、そんな超パーソナルなことを書きます。

社会とビジネスのど真ん中

カナダに滞在しているときから、帰国後の身の振り方を考えていました。

カナダではツアーガイドとして心身ともに満喫。

その前は、6年間NGOピースボートで世界をぐるぐるまわってきました。

しかし、振り返ってみると20代前半までは、滋賀県の片田舎でパッパラパーな生き方をしていた僕が、これほどまでに豊かな生き方ができるようになったのは、素晴らしい体験魅力溢れる人たちとの出会いに他ありません。
そのおかげで10代の頃に考えていたより、そしていま考えているより世界はもっと豊かで、人はもっと優しいことを知りました。

この思いと経験を活かすには、どうすればいいか、どうしたいか、を考え2つの道が見えました。

1.社会とビジネスのど真ん中を走り、豊かな人生と社会を作る
2.ブログやさまざまな場所で発信し、この経験を届ける

四方良しのビジネス

自分の障害を価値に変えビジネスを展開している株式会社ミライロの社長@ToshiyaKakiuchiさんが『ガイアの夜明け』で

売り上げは、誰かの役に立っているメモリ。

と話されていて、えらく納得しました。
しかし、「稼げれば・売れればどんなものでも良いか」というと、そうではないと思います。

僕の故郷である滋賀県は、日本を代表する商人「近江商人」を生んだ場所です。
その近江商人がモットーとしていたのが「売り手良し、書い手良し、世間良し」「三方良し」です

まさに、社会とビジネスのど真ん中ですが、滋賀県を拠点とする株式会社いろわせの代表である@kitagawa_biz さんが提唱する三方良しは、「地球良し」を加えた「四方良し」。

そんな四方良しのビジネスとはなんぞや、と考えました。

『四方良しxこれまでの経験』
それが、シェアリングエコノミーという分野でした!

シェアリングエコノミーが面白い3つの理由

一般社団法人シェアリングエコノミー協会が定義する「シェアリングエコノミー」とは、

「モノ」「空間」「スキル」「お金」「移動」などの遊休資産をインターネット上のプラットフォームを介して個人間で賃借や売買、交換することでシェアしていく動き。

なぜ僕が、シェアリングエコノミーが「社会とビジネスのど真ん中」と考えるかには3つの理由があります。

1.働き方の幅が広がる

これまでのビジネスは、企業(B)と個人(C)もしくは、企業と企業です。
しかしシェアリングエコノミーは、個人間(CtoC)で賃貸や売買、交換する動きです。

代表的な企業は民泊のAirbnbやライドシェアのUber、フリマアプリのメルカリです。
どれも、個人間でのお金のやりとりのため、買う側はもちろん個人が売る側になれる仕組みです。

この新たな動きは、正社員・派遣社員・アルバイト・パートしかなかったこれまでの「働き方」に幅を生みました
例えば、

ちょっとした時間の隙間に、シェアリングエコノミーのサービスを使ってお金を稼ぐことができます。
どのサービスも出勤はもちろんシフトがないので、自分で時間を調整して使えます

2.人の流れが生まれる

先ほども書きましたが、僕はこれまで国籍、年齢、性別など問わず「人」から多彩な影響を受けました。
だからこそ『人から受ける影響』の破壊力に絶大な信頼を持っています。

人から受ける影響を最大化するためには、人との接点を持つことが欠かせません。

シェアリングエコノミーは個人間での経済活動です。
ここで発生する接点、出会いが豊かさにつながっていきます。

シェアリングエコノミーサービスには、企業が提供する統一された完璧なモノがない代わりに、不確実だけどココロが込もっているコトあります。
不確実さを受け入れることによって、寛容になります。

国籍、出身、年齢、性別が異なる人とたくさん接点を持つコトによって、多様性が身についたり。
寛容で多様性のある人の流れが生まれます

3.地球に優しい

誰が、どう考えてもこのまま大量消費社会を続けられるわけがありません。
しかし、ほとんどの企業は、大量消費社会を前提としています。

シェアリングエコノミーは、その名の通り『シェア(共有)』する新しい動きです。

大好きな話があります

アメリカに住むピエール・オミダイアという男性はある日、はじめて他人にモノを売りました。

売れたのは「壊れたレーザーポインター」でした。
自分にとって価値がなくゴミと思っていたモノは、誰かにとっては価値があることに気づいたピエールは、その後シェアリングエコノミーの先駆けとなる『eBay』を立ち上げ、eBayは現在、時価総額は428億円になる会社に成長しました。

この大量消費と真逆の動きは、地球に優しい動きです

まさに四方良し。
そして、シェアリングエコノミーはビジネスとしても2021年度には2016年度の倍以上の市場、約1060億円になると予測されてるほどの成長分野です。

唯一の面接で合格?!

このシェアリングエコノミーを日本で加速させていくべく、ある団体の面接を受けました。
それは、先ほどチラっと紹介した一般社団法人シェアリングエコノミー協会(以下シェアエコ協会)です。

シェアエコ協会は、シェアリングエコノミーという新しい経済活動を活性化させるために、政府や行政に働きかけをしたり、安心・安全のシェアエコサービスに認証マークを発行したり、シェアリングエコノミー事業者・大企業・中小企業をつなげるイベントや勉強会を開催しています。

シェアエコ協会には会員制度があり、日本にあるほとんどのシェアリングエコノミーサービスが会員になっているため、シェアリングエコノミーに関するさまざまな情報が集まってきています

しかし、その道のスペシャリストが集まるこの組織に中卒の僕が受かるのか。

「ま、受けてみるか!!」
覚悟を決めつつ、「受からないやろ。」と思い受けました。
が、まさかの1次、2次面接を順調に通過しました。

そして、最終となる2週間のお試し就業が先日終わりました。

その結果は、、、正社員になれず!!

ただ、とても評価してくださって、アルバイトとして継続していただけました。

なぜアルバイトを続けるのか

正直、アルバイトとして働くコトに迷いましたが、続けることにしました。
その理由は

1..働くスタッフはみんな尖りまくり
2.成長市場シェアリングエコノミーの最前線
3.パラレルに活動できる
4.正社員はbetterであるが、mustではない
※社会保障は加入させていただきました。

ぶっちゃけ、妻もいるので正社員の方が安心なのかもしれません。
しかし、アルバイト雇用をポジティブに捉えるとメリットも多いです。

僕はいつか、自分自身が「雇われる働き方」に満足できない日が来ると確信しています。
だったら、正社員じゃなくてもいいんじゃないか、お金は他で稼げば良いし。

ブログ書いたり、本を出したり、講演したり、それこそシェアリングエコノミーのサービスで稼いだり、プロジェクトレベルで仕事を受けたり自分を立てて生きていけばいいんや、と思っています。

それに自分自身が成長できる場、それも成長著しい市場に身を置けることは大きなメリットです。

そしてアルバイトであることで、他の活動にも積極的に関われます。

特に今、積極的に関わりたい活動が2あります。

他の活動も活発に!

1.Get in touch

女優の東ちづるさんが代表を務めるGet in touch

「まぜこぜの社会」をコンセプトにさまざまな活動を展開しいるGet in touch。
スターバックスとコラボして自閉症など特性があるアーティストの作品を、スターバックス店舗に常設展示したり。

障害のある表現者が躍動する最高の舞台「月の夜のからくりハウス」を作ったり。

 

LGBTs当事者のインタビューをまとめた、ドキュメンタリー映画「私はワタシ over the rainbow」を制作したり。
4月2日の世界自閉症啓発デーWarm Blue dayでは、ステージでパフォーマンスをしたり。

2015年に代表の東ちづるさんがピースボートに乗船していただき、担当したご縁でGet in touchを知り、活動にも関わっている人にも魅了されました。

2.若者応援

少年院出院者のコミュニティーNPOセカンドチャンスや、NGOピースボート、カナダへワーホリに行く人の就職先紹介、ブログで稼ぐ方法を教えたりで、僕と同じ境遇の若者の力になったり、

これからは小さくても、無給でも自分の体験などを伝えていければと考えています。
自分にできることを、ひとつづつ少しづつ

パラレルな生き方

こんな感じで、帰国後もスクスクと生きています。

なんやかんや言っても稼がなければいけませんから、そこは四苦八苦しています。
お金の施しはいらないので、僕にやれることがあれば教えてください

今は、いろんなことに全力で走って行きます。

パラレルに
自分らしく
自分ができることを
社会とビジネスのど真ん中を突っ走りながら。

Stay hungry stay foolish!!

PS 横浜にいます。

関連記事

  1. ピースボート

    20代で行くピースボート世界一周!メリットとデメリットまとめ

    ピースボートの世界一周。旅好き、旅行好きなら誰でも知ってるピースボ…

  2. ブログ

    ブログを始めて1年で70記事達成!PVや収益と気持ちの変化

    ブログを始めたのが2016年の11月で1年がたち、この記事をもって、や…

  3. カンクン

    メキシコ・カンクンのレンタカー旅行記!交通事情の注意点から対策まで

    メキシコのユカタン半島に位置するカンクンには、 広大な白い砂浜…

  4. キューバ

    キューバ旅行!海外保険と入国ビザのツーリストカードを忘れた結末

    ワーホリVISAを使って、カナダのトロントで生活をはじめて8ヶ月。…

  5. 妊活

    妊活中の夫婦喧嘩!男性(旦那)は非協力じゃなくてこう考える。

    結婚して3年が過ぎました。 結婚した当初は『子どもは欲しいが授かり…

  6. ピースボート

    ピースボート船内恋愛事情の真実!船で出会った夫婦が暴露。

    先日、twitterからこんなお問い合わせをいただきました。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. フィリピン

    【格安学校】これが2ヶ月フィリピン留学の費用!セブ島よりバギオが断然おすすめ
  2. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  3. ピースボート

    洗脳か真実か?ピースボートスタッフとしての世界一周した6年間の物語
  4. ピースボート

    ピースボート船内恋愛事情の真実!船で出会った夫婦が暴露。
  5. 英語留学×中卒

    【家族でオンライン英会話】ネイティブキャンプがDMMより圧倒的おすすめ説!
PAGE TOP