Canada×中卒

アメリカ・カナダの二日酔い対策は驚きの”hair of the dog”だった


年末はなにかと飲み会が多くなります。
これは日本だけに限らず、クリスマスやニューイヤーが一年の中でも、最も大きなイベントごとであるカナダ・アメリカでも同じです。

僕も三日前に致死量のお酒を飲んでしまい、二日酔いになりました。

そこで今回は、現地人に教えてもらったカナダ・アメリカでの二日酔い対策をご紹介します。

お酒の消費量

2014年に発表された『世界各国の一人当たりのビール消費量ランキング』により。

1位 チェコ
2位 オーストリア
3位 ドイツ
・・・
14位 アメリカ
25位 カナダ
・・・
38位 日本

1位がヨーロッパの小国であるチェコなのにも驚きましたが、その消費量は日本の3.4倍にもなります。

「日本人はビール以外(焼酎、日本酒)とかを飲むから。」

という声が聞こえてきそうですが、アルコール全般になると日本は順位がもっと下がります。

38位 アメリカ
49位 カナダ
55位 日本

カナダもアメリカもお酒の消費量は日本より多いです。
ですが、日本ほど二日酔い対策がされていませんし、販売されていません。

それには”ワケ”がありそうですが、その紹介は後にして、まずは一般的に言われている二日酔い対策をご紹介します。

飲む前部門

日本では『今日は飲むぞ!』という時は、飲む前に”ウコンの力”であったり”ヘパリーゼ”を飲みますよね。
結論になってしまいますが、こちらにはそういった『飲む前の対策』として売られている物はありません。

しかし有名ではありませんが、こんな噂もあります。
一部のバーテンダーなどで『二日酔いに効果がある』と言われているのはハイチオールCです。

日本ではシミ・ニキビ対策として飲まれるハイチオールCです。

ほんまかいな!

と思い、ハイチオールCの成分を調べてみると、驚きの効果が書かれていました。

二日酔いの原因は、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒトという物質です。
ハイチオールCに含まれている”L-システイン”は、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助けるため、二日酔いに効果を発揮します。

まさかの効果が明記されていました!

ただ、日本同様ハイチオールCを飲むのは一般的ではありません。
なので、カナダ・アメリカでは『飲む前に二日酔い対策はしない』が一般的です。

次は『二日酔いになってから』の対策をご紹介します。

水分補給部門

二日酔いになった後の鉄板対策が『水分補給』ですね。
日本だとポカリスエットが有名で、僕も愛用していましたが、こちらでポカリスエットは一般的ではありません。

では、なにを飲むかというと『ゲータレード』です。

ドきつい色が特徴的なゲータレードは、カナダ・アメリカでは最もポピュラーな清涼飲料水です。

コンビニやスーパーには必ず置いてある、色の割には悪くない味ですが色が色だけに僕はあまり好んでは飲みません。

『ゲータレードをがぶ飲みする』
これが最も一般的な二日酔い対策の水分補給部門になります。

食部門

二日酔いになると食欲が著しくそがれます。
水分が欲しくなるので、日本ではお味噌汁を飲んだりラーメンを食べたりしますが、こちらはまったく違います

なんとこちらではジャンクフードを食べます。

まず、そもそもお酒の後の”シメ”がピザです。
もちろん試したことありますが、想像以上にシマりました

◆カナダで人生はじめてのゲイバー体験


しかし、ピザはお酒のすぐ後に食べるのが一般的です。
日本でのラーメン代わりですね。

それでは、二日酔いになってから食べるジャンクフードとは?
それは、ジャンクフードの王道マクドナルドです。

商品はどれでもいいそうです。
バーガーからポテト、ナゲットまでマクドナルドの商品を食べる二日酔いが緩和されるそうです。

北米におけるマクドナルドのマーケティング内容が気になるところですが、かなりポピュラーな二日酔い対策なので是非お試しください。

Hair of the dog

飲む前部門ではハイチオールC。
水分補給部門はゲータレード。
食部門ではマクドナルドなどジャンクフード。

これまで紹介しましたが、実はこれらを差し置いてほぼ全員が、まずはじめに教えてくれた最強二日酔い対策があります。

それは『Hair of the dog』
直訳すると『迎え酒』です。

まさかの、日本で代表される『迎え酒』がカナダ・アメリカでも最強の二日酔い対策です。

Hair of the dogの由来は
『犬に噛まれたら、その犬の毛を傷口に当てて揉むと、治りがはやくなる』
という昔の迷信からきているそうです。

ただ、日本の迎え酒とは少し異なり”なにかと混ぜてちょっと飲む”ぐらいが一般的です。

ちなみに、迎え酒の効果は医学的にはまったく効果がない、どころか逆効果だそうです。
ただのお酒好きが信じている迷信だそうで、お酒好きが考えることは世界共通ってことですね。

二日酔い対策の一番の違い

これまでカナダ・アメリカでの二日酔い対策をご紹介しました。
冒頭にも書きましたが、日本と異なり『二日酔い対策物』があまりにも少ないです。

お酒の消費量は日本より多いし、なにより世界共通で二日酔いがあるのに。

なぜか聞いてみたら日本人と違って、

  • 二日酔いになったら体調不良で休む。
  • その時になったら考える。

と楽観的でした。

改めて「日本人はよく働くなー。」と思いました。
そこまで体にムチ打ってまで、働かなきゃいけない日本社会って。

そして、これからアメリカ・カナダに住む予定の人は、錠剤のウコンの力もしくはペパリーゼを買ってくることをおすすめします。
それぐらいカナダ・アメリカの人は飲みますから。

関連記事

  1. 日々の中卒

    【夫婦必見】夫婦でフィリピン留学は完全英語環境!

    中学校以来の学校生活が始まって早3週間。 15年ぶりの学校生活は、…

  2. Canada×中卒

    海外で自炊の注意点!ワーホリ・カナダに住んで気付いた日本との違い。

    ワーホリビザを取得し、カナダのトロントで1年ほど生活しています。 …

  3. 日々の中卒

    渋谷で衝撃的に美味しくてお洒落な本場クラフトビールを発見!

    「ビールは喉越しが命。」 ビールが苦手だった若かりし頃、四方八方の…

  4. 少年院

    少年院にいる僕に親や家族がしてくれたこと。僕はこうして更生した。

    16歳で迎えた3月。僕は家庭裁判所の裁判官に、中等…

  5. 日々の中卒

    書籍『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE』を読んで#コミュニティを考える

    『コミュニティ』と聞くと、思い浮かぶのは地域コミュニティなど、場所的共…

  6. Canada×中卒

    ついにトロントで-20℃を体感!寒さは?ナイアガラの滝は全面凍結?

    ワーホリビザでカナダに入国し、トロントで生活を始めて10ヶ月目の201…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ピースボート

    洗脳か真実か?ピースボートスタッフとしての世界一周した6年間の物語
  2. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開
  3. 英語留学×中卒

    【家族でオンライン英会話】ネイティブキャンプがDMMより圧倒的おすすめ説!
  4. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果
  5. ピースボート

    世界一周が無料ってホンマでっか?ピースボートのボランティアの真実
PAGE TOP