Canada×中卒

カナダのレンタカーで大失敗!12人乗りのキャンセルチャージ


3ヶ月前。
妻の家族が、お盆の時期に僕たちに会いに、トロントへ来ることが決まった。

総勢7名の大世帯で、当初は予定していなかった80歳のおばあちゃんまで、飛行機に13時間乗り、僕たちに会いに来てくださる。

そこで、航空券をはじめ、VISAの取得、滞在中のプラン&予約など、すべての手配を2人で手分けした。
2人で手分け、と言っても僕たちがなにかするときの役割は決まっている

 

旦那 → 手配
妻  → 荷造り&応援

 

今回は、家族が会いに来てくれるということで、妻は今まで以上に気合い入っている。
それに、僕は仕事が繁忙期のため全日程休めないので、旅の行程旅のしおり作りもいそいそと励んでいる。

 

しかし、落とし穴が待ち受けていた。
それも、僕のほうに。

 

だって僕は・・・

そもそもカナダは、政治体制は連邦制で、州の力が強く、運転免許に関しても州ごとに異なる。

例えば国際免許は、オンタリオ州に入って3ヶ月以内のみ有効。
それに、乗車人数に関しては商業用でないかぎり、シートベルトの数は同乗可

そこで、僕の唯一の休みの日に、レンタカーを借りて、ナイアガラの滝を観光することにした。

 

だって、僕はナイアガラのツアーガイドですから!!

 

12名乗車可能車を予約

さくっ!と国際免許から、オンタリオ州の免許に書き換え、御一行7名+あらい夫婦の合計9名が乗車できる、12名用のレンタカーを予約した。

 

 

これがまた高いんだわ。
それに、この時期は週末で全然空きがなかった

 

社長に助言をもらい、数日探したが、なんとか借りられた。
週末なので、3日以上のレンタルで、料金はCA$580-

日本円で約50,000円

 

背に腹は変えられないため、予約したが、なんだかしっくりこない。
”キャンセルチャージが72時間前まで無料”と記載があったので、もう少し探してみることに。

 

2日後。
空いている+安い会社を発見し、ダッシュで予約!
安いと言ってもCA$400-

それでも、安くなったことには変わりはない。
僕はその日の夕飯で赤ワイン片手に、妻に武勇伝のごとく語ってやったね。

落とし穴の中にいることにも気づかず。

 

 

 no refunds

安いレンタカー会社に予約と同時に、はじめの予約はすぐにキャンセルし、キャンセルの承認mailも受け取った。

家族を受け入れる準備も順調に進み、あとはお迎えするだけ!となったある日、妻に言われた。

 

「キャンセルしたレンタカーの返金がまだないんだけど。」

 

僕は余裕の笑みを浮かべ、

「なかったらどうするよ!?ケッケッケッ。」

と赤ワインを回し続けた。

 

しかし、数日たってもやはり返金がない。

 

そこで、仕事の合間に余裕ぶっこいてレンタカー会社に連絡した。

 

そしたら一言

“no refunds.(返金なし)”

 

僕は力の限り叫んだ、why?!!!

 

レンタカー会社が言うことはいたってシンプル
・週末の予約
・特殊車両(今回なら12名乗り)

の場合、キャンセルチャージの規定が異なる。
予約した時点で全額チャージがかかる、予約不可だった。

Cancellation Policy

All Cancellations for non specialty vehicles must be submitted 72hrs prior to pick up time to avoid a cancelation charge; otherwise you will be charged one day rental charge at our regular rates.

Any cancelations on confirmed reservations for specialty or Luxury vehicles are subject to a full rental charge as per the reservation. This applies for the following vehicles: minivans, 12 passenger vans, SUVs, luxury vehicles, convertibles and moving trucks.

 

僕たちは、CA$580-を失った。

 

新婚旅行のラスベガスでも、カジノで$5しか負けなかったのに。
※実際は、妻がビビって$5しかプレイさせてもらえなかった。

 

僕はこの日を、”少年院に入ることが決まった日の次に最悪の日”に認定した。

 

みなさな
国が変わればルールも変わります。
キャンセルチャージにはお気をつけを。
とほほ

関連記事

  1. ピースボート

    ”やりたいことがない”僕は会社をやめて幸せ者になりました

    ”やりたいことがない。” 22歳までの僕は、コトあるごとにこの言葉…

  2. 日々の中卒

    中卒から上場企業の社員へ!低学歴が就職を勝ち取った方法。

    2018年2月に、就職先のアテもないままにカナダから帰国しました。…

  3. シェアリングエコノミー

    2018年はシェアリングエコノミーがアツい!おすすめサービス7選と安全性について

    先日、第一子を生んだ姉に会いました。僕にとってもはじめての姪っ子で…

  4. Canada×中卒

    海外でHuluやU-NEXTなど映画動画を視聴する方法を5分で解説。

    海外生活が長くなると、想像していたよりも家にいる時間が増えます。 …

  5. Canada×中卒

    ワーホリでカナダ!絶対に行くべきカナダ国内旅行

    カナダの国土面積は約997.1万km2。 これはロシアに次いで世界…

  6. 日々の中卒

    【保存版】メンズは今すぐブラジリアンワックス脱毛へ!おすすめ部位から痛みまで

    世界では男性・女性問わず下半身の脱毛処理をすることは一般的です。カ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. 妊活

    妊活成功夫婦に聞いた、『必ず妊娠出来る方法』8のコト
  2. プロフィール

    あらいちゃん(あらいひろふみ)のプロフィール
  3. ピースボート

    ピースボートの実態!船内の恋愛事情について経験者が暴露します
  4. 少年院

    中卒・高校中退者に捧ぐ。人生が面白くなる仕事探し5選!
  5. ピースボート

    洗脳か真実か?ピースボートスタッフとしての世界一周した6年間の物語
PAGE TOP