妊活

妊活の男性!必ず妊娠出来る方法?を妊娠成功夫婦に8つ教えてもらったで!


30代前半の私たち夫婦は、結婚3年目が過ぎた現在進行形の絶賛妊活中です。

「一発で出来た!」
たまに、友達夫婦からこんな話を聞きますが、コウノトリは気まぐれなのか、飛来するコツがあるのか、数が少ないのか・・・。

僕は妻に内緒で精液検査に行き、ちょっと気になるところはありましたが”自然妊娠できる範囲”でした。

妻も病院へ行き、まったく元気な体でした。

日々夫婦だけで奮闘していると疲れてくるので、ちょっと気分転換に『妊活の”コツ”や”秘訣”を探してみよう?!』と考えた僕は、妊活(2年以上)後、コウノトリが飛んできた(妊娠した)先輩に夫婦4組に”コツ”と”秘訣”についてインタビューしました

その中から、目から鱗で僕たちにもできそうな『妊活の”コツ”と”秘訣”』を紹介します!

不妊の原因

そもそも、『不妊』とは医学的に『1年間以上妊活を行っても妊娠していない状態』と定義されています。
そして不妊と一口に言ってもさまざまな原因は複雑に絡み合って不妊という症状が形成されるそうです。

<女性側にある主な原因>
卵巣:卵巣機能不全
卵巣:狭窄癒着、閉鎖、水腫
子宮:筋腫、奇形、発育不全
内分泌ホルモン異常
子宮内膜症
その他

 

<男性側にある主な原因>
精巣:無精子症
精路閉鎖
性交障害
内分泌ホルモン異常
その他

WHO(世界保健機関)が発表した統計では、不妊の原因は女性 41%、男性 24%、両方 24%、不明 11%となっています。

近年では、晩婚化や結婚する年齢が上がっており、相対的に妊活年齢もあがっている影響で6組に1組は不妊状態だそうです。

また”不妊”と言っても、書いたように要因が複雑に絡み合い、カップルそれぞれに不妊の原因は異なります。
それだけに、効果のあるなしも変わってきます

人工授精や体外受精は、不妊治療の道で誰もが通るものです。
しかし「人工授精や体外受精の前に、できることもたくさんある!」と、今から紹介する先輩夫婦全員が口を揃えて言っていました。

それでは、ここから妊活を終えた夫婦のコツ、秘訣を紹介します。

夫婦①:鍼治療(男性向け)

まずは友達のD君夫婦から聞いた話です。

D君は妻であるYさんへのプロポーズが成功したあと、両家への挨拶も終わり無事結婚が決まっていた段階から、どちらも早くに子どもが欲しかったこともあり、婚姻届の提出前から子作りに励んでいました

当時D君夫婦は26歳。
タバコも吸わずお酒もほどほどにしか飲まない旦那のD君は心身ともに健康そのものでした。

ただ仕事が忙しく、毎日残業三昧で、帰宅するのは日付が変わる12時前後だったそうです。
それでも排卵日に合わせたタイミング法は毎月していたそうですが、妊娠することなく2年が経過しようとしていました

「もう少し簡単に妊娠すると思っていた。」
これも妊活夫婦あるあるですが、D君もそう思ったそうです。
そして原因などを調べたら不妊の原因の48%は男性にあるという事を知り、また精子も年齢を重ねることに老化していくことを知り焦ったそうです。

鍼師の意地に掛けて

そんなある日、D君は高校の同窓会に参加しました。
高校時代は野球部に所属し、部活動に明け暮れていたD君は、かつての部員たちと色々な話で盛り上がりました。

そのうち、結婚報告に入り大祝福を受けた、次の一言は「子どもは?」

日本社会特有の妊活夫婦が言われると最も辛いことを聞かれたD君は、飲みの席なので笑いながら不妊を告白。
すると当時ショートを守っていた職人肌のA君が、鍼師を生業としていると話しかけてきました

A君が、妊活の状態などを詳細に聞いてきたので、詳細に話したところ、鍼治療が妊活に効果があることを教えてくれたそうです。
当時のD君は、人工授精や体外受精に抵抗があったので、藁にもすがる思いでA君の鍼治療を受ける事にしたそうです。

そして、鍼治療をはじめて3ヶ月後にまさかの妊娠しました

この話を聞いたときに思わず「ホンマかいな!?」と叫んでしまいましたが、鍼治療以外なにも特別なことはしていなかったので間違いないそうです。

鍼治療(鍼灸)の効果

鍼治療の効果に関しては、医学的に証明されています

鍼灸治療を受けると、精神安定作用があるエンドルフィンやエンケファリンなどのホルモンが分泌され、これらの働きにより、自律神経の働きを調整し、精神的ストレスを和らげます。

これは男性、女性ともに効果が証明されています

D君は当時のことを振り返って考えてみると、とにかく仕事が多忙で、それに加え妊活に対しての焦りなどもありストレスが溜まっていたのかもと

多くの現代人は、なにかしらストレスを抱えていると言われています。
男性は特に30代がストレスを最も抱えている世代です

ストレス発散を医学的に行う鍼治療が、男性におすすめな理由が裏付けられますね。

夫婦②:精力増強と健康管理(女性向け)

続きまして、結婚して6年目で子どもを授かった30歳の友達夫婦です。
この夫婦は結婚して1年目と3年目で、流産を経験しています。

どちらも子どもは欲しいですが、2度の流産から子どもを半ば諦めていたそうで、人工授精や体外受精はしない、と2人で話し合って決めていました。
しかし、完全に諦めたわけではなく、話し合って健康管理、体調管理を改善することから始めました
これが効果絶大だったそうです!

シンデレラ体重を卒業

まず奥さんは体重を増やすことから始めました

「自分はぽっちゃりしてるので痩せたい。」と常々考えていた奥さんは、気づけばシンデレラ体重になっていました。

男性には聞きなれない『シンデレラ体重』というのは、女性が最も綺麗に見える体型の体重と言われています。
シンデレラ体重は日本にしか存在しないもので、美容業界が作りました

体重は”妊娠しやすい体”で最も大切な要素と言われています。
最も妊娠に適している体重は「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」が18.5~24.9の範囲とされています。

一方でシンデレラ体重は医学的には「やせ(低体重)」に位置され、妊娠するためのホルモン分泌に悪影響を及ぼす数値とされています。

これを知り「瘦せ型思考」から「適正体重思考」に変え、ダイエットをやめつつ体調管理・健康管理をはじめたそうです。
そして、それを知った旦那は浴びるほど飲んでいたお酒を控え、奥さんと一緒に体調管理・健康管理をはじめました。

ただ、突然料理の腕が上がるわけではなく、また奥さんが料理が好きではなかったので、食生活の改善は「好きなものをお腹いっぱい食べる」ならがらに暴飲暴食を控え、朝一の出勤前コーヒーの代わりに2人で青汁を一杯飲むをはじめたそうです。

青汁の効果とカフェインがダメ

カフェインの過剰な摂取は妊娠どころか、そもそも体にも悪影響です。
コーヒーは1日に1~2杯までとされています。

しかし、これらを過剰に意識しすぎると、それ自体がストレスになります。
そこで、普段の缶コーヒをやめ、朝一に青汁を飲むことで足りない栄養を補いはじめました。

青汁には妊娠に必要な鉄・カルシウム・ビタミンE・セレン・アルギニンなどが含まれています
ただ、栄養を補給しただけですぐに効果が現れるわけではありません。
大切な事は継続です。

この夫婦が栄養補給として、青汁を選んだ理由が「続けられること」だったそうです。

「苦い、まずい」という印象しかない青汁未経験の僕は抵抗ありましたが、彼らいわくちゃんとしている青汁は”緑茶ほどの苦さ”だそうです。

スーパーや薬局で売っている青汁は味もまずいし、栄養素もそこまでだったそうですが。
彼らから紹介されたのは高品質100%国産『おとなの青汁』

彼女たち夫婦がこの青汁を続けて飲むことになった理由は、”緑茶ぐらいの苦さ””妊活中友人夫婦から勧められたこと”そして数多ある妊活サプリの中で、Amazonをはじめ大手通販サイトで売り上げNo.1を獲得していたからだそうです。

そして旦那いわく「サプリに抵抗あったけど、青汁一杯ならいいか!」ぐらいの気持ちで始められたのが大きかったそうです。

おとなの青汁
※50%OFFクーポンあり

そして、青汁以外にもう1つ”秘訣”があると言いました・
それが『期待をやめること』です。

妊活の大敵は一喜一憂

先にも書きましたが、この夫婦は流産を経験した経緯から、ある程度諦め持っていたそうです。
それでも諦めきれなかったときは、生理が来るたびに泣いてたそうです。

しかし、話し合って自分たち夫婦に合った形を見つけたことによって、お互い妊活に対してストレスがなくなったそうです
そうすると、夜の営みの回数が増え、また楽しめるようになったそうです

僕もひょんなことから、2人で話し合いタイミング法をやめた時期がありますが、とても良かったです。

この夫婦は、1年後に子どもを授かりました。

ポイントは4つ

この夫婦は、すぐに始められそうな”コツ”や”秘訣が”多かったので、ポイントを整理します。

1.シンデレラ体重ではなく適正体重になる
2.健康管理のために、カフェインを控える
3.朝に一杯だけ青汁を飲む以外は、好きなものを食べる
4.期待をやめる

正直なところ、『期待をやめる』はわかっていても難しいですよね
これこをまさに『良薬口に苦し』。

しかし、健康管理にコーヒーを控えたり、青汁を朝に一杯くらいなら簡単に始められそうです。

おとなの青汁
※50%OFFクーポンあり

夫婦③:野生的発射(夫婦におすすめ)

続いては旦那43歳、妻40歳で妊娠したカップルです。
結婚した時点で、旦那が40歳だったこともあり、タイミング法など妊活を開始しましたがうまくいかず。

精液検査と排卵検査などの夫婦ともに受診したが年齢以外は問題はありませんでしたが、年齢のことも考え人工授精、体外受精へと進みました。
しかし、人工授精はもちろん3回ほど体外受精をしたそうですが、着床しなかったそうです。

この夫婦は体外受精を行うにあたり、妊活の期限を設定したそうです
それが、妻の40歳の誕生日

そして、期限のの誕生日を迎えました。
失意はあったそうですが、事前に期限を決めていた事もありある意味すっきりした気持ちで体外受精を打ち切ったそうです。

今考えると、精神的にきつかったので期限を設定して良かったと言っていたのが印象的でした。

そして、誕生日の夜。
2人で生きていくことと誕生日のお祝いに、ちょっとばかり高いところで外食し、これまたちょっと良いところのホテルに行きました。

そして、2人いわく野生の動物のように夜の営みをしたそうです
吹っ切るためにも、そして久しぶりに夫婦の愛を確認するためにも、なにも考えず情熱的に夜の営みができたのがすっごく良かったそうです

その10ヶ月後に元気な女の子を出産されました。

嘘かと思う話ですが、「あの夜しか考えられない。」と爆笑しながら話してくれました。
皆さんも今晩は野生に戻ってみるのはいかがですか?!

夫婦④:体を育てる(男性・女性向け)

最後は、旦那が38歳で妻33歳で結婚した夫婦です。

年齢が年齢だっただけに、すぐに夫婦で検査へ。
ともにすべての数値に問題はなく、タイミング次第だと医師から言われたそうですが、その後も6ヶ月間妊娠せずでした。

そこで病院を変えてもう一度検査すると、精子の運動率が低いことが判明したそうです
6ヶ月前の検査では問題がなかったことを医師に伝えると「精子は老化する」と教えれました。

NHKのクローズアップ現代でも特集されましたが、精子が老化することが最近の研究で発見されました。

自分に問題があることを知った旦那は、医師に教えてもらった精子の状況を改善するために2つのことを始めました

1.毎日冷水で睾丸をマッサージする
2.葉酸とマカを摂取する

冷水で睾丸マッサージ

サウナはもちろん膝の上でPCを操作することも、精子に悪い影響が出るほど、精子は熱に弱いです。
また、禁欲期間が長くなるのもだめで、2日に一度の射生がベストだそうで精巣の中にある精子を入れ替える必要があります

精巣にある精子は、約70日でまったく新しくなるため、冷水での睾丸マッサージは良い精子を育てるには効果的だそうです。
この夫婦の旦那は、毎日はできなかったそうですが、週に3回はお風呂場で10分ほどマッサージしていたそうです。

葉酸とマカの摂取

医師から睾丸マッサージともう1つ勧められたのが、葉酸とマカの摂取です

厚生労働省は、妊活中から妊娠初期の女性に1日400μgの葉酸摂取を勧めています
これは、葉酸を摂取することで血行やホルモンバランスが整い、妊活の天敵である冷え性に高い効果があります。

また、生まれる子どもに神経系の障がいが軽減されるという医学的根拠があります。
葉酸の摂取は、欧米では超がつくほど一般的です。

意外と日本でもサプリを飲んで妊活を成功させた夫婦は多かったです。

そして今では、この葉酸と男性の精力増強効果があるマカが合わさったものもあります。
それが、8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】 です。

先ほども書きましたが、葉酸は体を整えるだけに止まらず、生まれてくる子どもの健康にも大きく影響があります
今では妊活に必須と言っても間違いないでしょう。

この夫婦は、元気いっぱいやんちゃ坊主の男の子と、やんちゃガールを授かりました。

オールインワンサプリ【マカナ】
※40%OFFはこちら

まとめ

これまで4組の妊活成功夫婦から聞いたから、8つの方法でした。

1.鍼治療
2.シンデレラ体重ではなく適正体重になる
3.健康管理のために、カフェインを控える
4.朝に一杯だけ青汁を飲む以外は、好きなものを食べる
5.期待をやめる
6.野生のようにSEXする
7.睾丸マッサージ
8.葉酸を摂取し、生まれる子どもに備えた 

どれが自分たちの体に合うかわからないので、1つづつチャレンジしてみてください。
僕たちも1つづつチャレンジしていますが、僕たち的に大切にしていることは楽しむことです。

そして夫婦で納得することです。
これがないと、世間的によく言われる「夫が妊活に協力的ではない」状況になってしまいます。

前提は男性、女性ともに検査に行くことです。
検査に行くと、先生からそれなりのアドバイスをいただけます。
関連記事>>【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果

また、先ほども書きましたが女性は葉酸の摂取はかなりおすすめします。
男性にとっても精力増強につながりますし、なにより生まれる子どもの健康を考えれば必須でしょう

そして大切なことは、夫婦で話し合い、それぞれにできることを少しづつはじめることです。
睾丸をマッサージしたり、野生的な夜の営みをしたり、2人で青汁を飲んだり。

自分たちにできることから試してくださいね。

関連記事

  1. シェアリングエコノミー

    女性ファッションレンタル『エアークローゼット』は妻いわく衝撃おすすめ!

    「女性はいつもお洒落をしていたい。」と言いますが、3年前に結婚して…

  2. 妊活

    【妊活夫婦必見!】不妊症の新真実、精子が老化する?!

    近頃『妊活』をテーマにした番組や記事が増えています。それもこれも年…

  3. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果

    アホな政治家が「女性は産む機械」と発言したり、社会に蔓延っている”不妊…

  4. 妊活

    葉酸サプリやマカは妊活に効果なし?妊娠した夫婦にぶっちゃけ聞いてみた

    おそらく、この記事を読んでいるあなたと同じく絶賛妊活中の私たちです。…

  5. 妊活

    【赤裸々妊活ブログ】30代の不妊夫婦がタイミング法をやめてみた。

    30代前半の私たち夫婦は、あるきっかけからタイミング法をやめました!…

  6. 妊活

    妊活中の夫婦喧嘩!男性(旦那)は非協力じゃなくてこう考える。

    結婚して3年が過ぎました。 結婚した当初は『子どもは欲しいが授かり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. ブログ

    副業ブログ始めて1年で100記事達成したら噂通り収益とPV激増の方法公開
  2. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』
  3. ピースボート

    世界一周が無料ってホンマでっか?ピースボートのボランティアの真実
  4. 妊活

    妊活の男性!必ず妊娠出来る方法?を妊娠成功夫婦に8つ教えてもらったで!
  5. Canada×中卒

    海外でHuluやU-NEXTなど映画動画を視聴する方法を5分で解説。
PAGE TOP