妊活

【赤裸々妊活ブログ】30代の不妊夫婦がタイミング法をやめてみた。


30代前半の私たち夫婦は、あるきっかけからタイミング法をやめました!

「妊活で最も重要」と言われるタイミング法をなぜやめたのか。
そして、タイミング法をやめたら意外と!良かったことが多かったので紹介します。

あ!

妊活を諦めたわけではありませんし、人工授精や体外受精に進んだわけでもありませんよ。

これまでの妊活

30代前半の私たち夫婦は、20代後半で結婚してからこれまで妊活してきました。
しかし「妊活をしてきた。」と言っても、2人で病院に行ったのは、ここ1年以内です。

それまでに、妻に隠して精液検査に行っていたので、自分の製造工場が絶賛稼働していることは知っていました。

それに、私の前職が海外に半年ほど単身で行ったり、結婚式の準備したり。
その後は、夫婦で1年間の海外生活をすることが決まっていたので、準備と渡航中も含めて検査はもちろん、がっつり妊活できていませんでした。

それでも、避妊はしていませんし、妻は毎朝の体温測定を何年も続けていましたし、夜の営みも平均日本人以上にはあったので、病院に行くと「不妊状態」であると先生から言われました

検査では夫婦ともに異常もなかったので、先生からは人工授精を早めのタイミングでするのも良いが、タイミング法をちゃんとやることをおすすめされました。

「どれぐらいの頻度が最適か。」という私の問いに先生は「体と心が続く限り。」と笑顔で言われ、背筋が伸びました。

それから半年が過ぎた頃、私たち夫婦はタイミング法をやめました。

タイミング治療をやめた理由

タイミング法をやめたのは、人工授精や体外受精などのステップへ進んだわけではありません。
実は、私生活の変化が大きな理由です。

海外生活から帰国し、少しの期間ではありますが、妻の実家にお世話になっていたため、物理的にタイミング法ができなくなりました
しかし、もう1つの理由として「タイミング法疲れ」がありました。

これは医学的に名付けられているものではなく、一般的に言われてるものではありませんが、多くの妊活夫婦が通る道です。

タイミング的に良い日程での夜の営みが、どこか機械的になったり
タイミング的に良い日程以外での、夜の営み回数が減ったり
男性に多いらしいですが、タイミングを設定されると、男性器や気持ちが反応しなかったり。

これら症状を「タイミング法疲れ」と私が勝手に呼んでいます

私たちは、病院こそ最近行きましたが、結婚し避妊をしなくなってから3年ほど過ぎていましたので、ちゃんとしたタイミング法はしていなくとも、少しこのような疲れを感じたタイミングもありました。

そこで「実家での生活」という物理的にできない状況になったので、これを機に夫婦で話し合い、妊活をやめるわけではなくタイミング法をいったん中断することにしました

それも中途半端にやめるのではなく、妻は毎朝の体温測定もやめました

タイミング治療をやめて良かったこと

中途半端ではなく、毎朝の体温測定もやめるなど、タイミング法を中断した私たちですが、この選択によって夫婦にプラスになったことが山ほどありましたので紹介します。

怒りや不安を反省できる

タイミング法をしていると、製造工場の日程的には抜群でも心が準備できていないときがたまにあります

例えば、妻の体は日程的に良くても、私が仕事で忙しいタイミングで心の準備が整わなかったり。
このような、夫婦のすれ違いからくる険悪な雰囲気やケンカがたまにありました。

一回ならまだしも、この状態が数ヶ月続くと、どちらにも不信が募り、基礎である夫婦生活にも支障をきたします。

タイミング法をやめると当たり前ですが、これがなくなります
これはタイミング法が長く続いている夫婦ほど効果があるのではないでしょうか

妊活関係でケンカや険悪な雰囲気が続いていたら、思い切ってやめるだけで驚くほどケンカが減り、これまで相手に怒っていたりしたことを反省できます。

夜の営みが増えた

ケンカや険悪な雰囲気が減ったら、自然と会話も増えますし、なによりタイミング法の頃より夜の営みが増えました
やはり夜の営みには体でするものではなく心でするものだと再認識しました。

それに、夜の営みの内容の充実度が増します
なぜなら、夜の営みの狙いが変わるからです

タイミング法の夜の営みの狙いは「妊娠」ですよね。
しかし、夜の営みの本質的な狙いは「愛する者同士の重要なコミュニケーション」です。

その本質に立ち返れば、コミュニケーションから得られる喜びを再確認でき、夜の営みが増えるのもうなずけます。

愛情を確認できた

ケンカが減り、コミュニケーションが増え、夜の営みの本質に立ち返るとことができると、相手から愛されていること、相手を愛していることも再確認できます。

妊活や妊娠はゴールではありません。
その先には子どもが産まれ、育っていきます。

私の先輩母親が「子どもに必要なのは、愛が安定した家族という”土台”。」だと言っていました。

タイミング法を一旦やめるにあたって、迷いや不安がお互いになかったかと問えば、ありました。
妊活をしなければ、子どもはできません。
しかし、ふと立ち止まって家族である相手と愛情を確かめあうことは、もっと大切なことなのだと感じました。

タイミング治療はやめても妊活は続ける

タイミング法はいったんお休みしていますが、妊活をやめたわけでも諦めたわけでもありません

以前に、妊活を続け見事に妊娠した夫婦に成功の秘訣をいろいろと聞きました

その秘訣を中心に、続けたほうが良いこともいくつかあります。

男性編:睾丸マッサージ

精液を製造している睾丸は熱に弱いです。
それに、最近の研究で精子は老化することが発見されました

ですので、毎日とはいかなくても定期的に風呂場で冷水を浴びながら、睾丸をモミモミマッサージしてあげてください。
精子は約70日で新しくなりますし、マッサージを続けるのは必須です。

その前に、精液検査は絶対に行ってくださいね!

女性編:葉酸を摂取する

厚生労働省は妊活中から妊娠初期の女性に1日400μgの葉酸摂取を勧めています。

血行やホルモンバランスが整い、妊活の天敵である冷え性に良く、また生まれる子どもに神経系の障がいが軽減されるという医学的根拠があります。

葉酸の摂取は、欧米では超がつくほど一般的です。
妊活を諦めていないのであれば、要チェックでしょう。

まとめ

妊活を諦めたわけじゃないのにタイミング法をお休みした赤裸々体験です。

年齢的な焦りや、さまざまな事情から、簡単にできないこと理解しています。
しかし、タイミング法をお休みしたことによって、妊活の前提である夫婦の大切さを再確認できたことはたしかです。

3ヶ月くらい一旦お休みして、妊活の”に”の字も思い浮かべず、夜の営みを試してください。
なにか気づくことがあるのではないでしょうか。

実際に、そのタイミングで妊娠した夫婦もいましたから。

関連記事

  1. 妊活

    葉酸サプリやマカは妊活に効果なし?妊娠した夫婦にぶっちゃけ聞いてみた

    おそらく、この記事を読んでいるあなたと同じく絶賛妊活中の私たちです。…

  2. 妊活

    妊活の男性!必ず妊娠出来る方法?を妊娠成功夫婦に8つ教えてもらったで!

    30代前半の私たち夫婦は、結婚3年目が過ぎた現在進行形の絶賛妊活中です…

  3. 妊活

    妊活中の夫婦喧嘩!男性(旦那)は非協力じゃなくてこう考える。

    結婚して3年が過ぎました。 結婚した当初は『子どもは欲しいが授かり…

  4. シェアリングエコノミー

    女性ファッションレンタル『エアークローゼット』は妻いわく衝撃おすすめ!

    「女性はいつもお洒落をしていたい。」と言いますが、3年前に結婚して…

  5. 妊活

    【妊活夫婦必見!】不妊症の新真実、精子が老化する?!

    近頃『妊活』をテーマにした番組や記事が増えています。それもこれも年…

  6. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果

    アホな政治家が「女性は産む機械」と発言したり、社会に蔓延っている”不妊…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 少年院

    少年院を退院した僕だからわかる、彼らに必要なこと
  2. カンクン

    旅行好きなのにGoProもってない?!初心者におすすめ機種は『Session』
  3. 英語留学×中卒

    オンライン英会話はネイティブキャンプ!DMMや他のサイトと比較しても圧倒的おすす…
  4. フィリピン

    【格安学校】これが2ヶ月フィリピン留学の費用!セブ島よりバギオが断然おすすめ
  5. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果
PAGE TOP