英語留学×中卒

Youは何しにフィリピン留学へ?!20代~30代の社会人編


夫婦でフィリピン留学中の僕たちあらい夫婦。

僕もパートナーも世界一周経験があり、世間様から片足ぐらいはみ出てるかもしれない。
そんな僕たちもフィリピン留学することは迷った。
2人でたくさん話し合い、ときにけんかし、たまに言い争い、ほんのちょっとだけお涙頂戴しながらも最後は

「なんとかなるっしょ!!」

あらい夫婦お決まりの伝統的決定方法、抽象的精神論で最終的にはフィリピン留学を決めた。

今回はそんな僕たちと同じ釜の飯を食べながら英語勉強しているうちの、6名を紹介する。

まずはこちらは30代のお3人。
「そんな年になってフィリピン留学?!」
と思ったそこの君。
この記事を読んで改めるだろう。

Stay Hungry. Stay Foolish.

 

17212185_1349744618402189_8748615671159668713_o

TAKU 31歳

17149123_1439651509442052_972901784_o

青森県出身

ヨルダンで出会って以来、こんな立派なヒゲを蓄えた人はお目にかかってない、というほど立派なヒゲを蓄えている外見ムスリム系男子のTAKUは、人の話を聞くのが超絶うまくて、ユーモアがある自称内面女性系男子。
フィリピンに来る前はオーストラリアにワーキングホリデーVISAを使い約1年間生活。
オーストラリアでは約半年間、英語学校へ通うも、1クラス30名前後の授業に語学力UPを実感できず。
卒業後オーストラリアの田舎で工場などの仕事につき、VISA期限を迎えた際に、本格的に英語力を伸ばしたいと考え、友達から聞いた当学校へ入学を決めフィリピン入り。
フィリピン留学期間は2ヶ月。

フィリピン留学終了後はまたしてもワーホリビザを駆使し、ニュージランドへ。
ニュージランドでは持ち前の英語力を武器に、高給の仕事に着くことを目指す。
そして1年間お金を貯めながらニュージランドを満喫し、その後は中国語を学びたいとのこと。

英語を学ぶ理由 ”選択肢”

ここまで広がったグローバルな世界の中で、日本国内だけで仕事を探し、居住地を決めるのはもったいないと。
そのためにはやはり語学力が必要だと思い、英語を勉強。

大金持ちになりたいわけじゃなく、安心して家族と慎ましく暮らすことを望むTAKUは
”日本が狭い”のではなく”世界は広い”と考えている。

僕はTAKUと話していると、どこか安心する。
これこそがコミュニケーション能力だといつも思う。

それは世界の物理的な広さだけではなく、人の多様性や文化の彩りを知っているからこそや。

YUZO 30歳

16422816_1317372978306020_626277456002955888_o

鳥取県出身
僕たちと同じ日に入学した同期のYUZOは建築デザイナー。
フィリピンに渡航する前は6年間中国で生活、仕事をしていた。
そのためもあり料理が抜群にうまい。
もう絶賛。
ってか建築デザイナーやめてお店開いて!レベル。
それに多趣味。
今回の記事で使っている写真の多くはYUZOが記録したもの。
すこぶる優しく真面目で、そのクセお酒が大好きと僕をうならせる。
女子生徒が彼氏にしたいほどの優しさをもったイケメン男子だが絶賛彼女募集中。
フィリピン留学期間は4ヶ月。

英語を学ぶ理由 ”向上心”

YUZOは建築、設計をすることが大好きで中国という地を選んでいる。
そこでは、クライアントによっては会議が英語で話されることもある。
また中国には観光客や仕事で、多様な人たちが押し寄せている。
そんなチャンプルな世界で地に足ついているYUZOは、学生時代バックパックを背負い、多くの国を訪れていたこともあり、英語への欲求が高まる。

ちょうどそんなタイミングで、数年休みなく取り組んだプロジェクトに目処がつき、まとまった休暇を取得。
リフレッシュも兼ねて英語学習、フィリピン留学を決意。

YUZOは授業で出された英文章作りで、よく仕事関係のことを口にする。
そのたびにYUZOの仕事に対するリスペクトが垣間見える。
また英語学習に対してもストイックなんだわこれ。
めきめき英語力を伸ばし、僕の数倍のスピート感で進んでいく姿に嫉妬するほど。

卒業後は中国の元の会社に戻るが、その前にアジアをバックパックするYUZO。
今後、世界のどこかで活躍するYUZOと出会えたことは僕にとって財産や。

16508460_1415676045152063_6694545344945998098_n

AI 36歳

16508349_1216296608489767_7116634127823797878_n

福岡県糸島市出身
甥っ子と糸島市をこよなく愛する、おネイさんキャラならぬうっかりキャラ。
現地の大きなお祭りでスリに合い、財布と携帯をフィリピンの地に託したが、心配する僕たちを尻目にポジティブに前進していきながらもうっかりミスしちゃう感じに共感湧きまくり。

実は5年前に僕と一緒にピースボートで世界一周した経験がある。
文章にするとぶっ飛んでる感出てるけど、英語学習は一歩一歩確実派。
フィリピン留学期間は3ヶ月。

感謝を込めて花束を

AIちゃんは、ことあるごとに大好きな糸島市の自然や友達のことを話してくれる。
そのときのAIちゃんの顔は、英語学習に四苦八苦している顔とは打って変わってキラキラ全開。
糸島での生活を聞いていると、英語学習へ踏み出す理由が見当たらないほど。
そんなAIちゃんが英語学習、フィリピン留学を決めた理由はまさにAIちゃんならでは。

生まれたときから心臓に病を持ち、幼い頃から幾度と手術を繰り返してきた。
今では生活スタイルを自分と大自然に寄り添うことで、手術や薬に頼らず、すくすくと生活できている。

そんなAIちゃんは直傳靈氣(じきでんれいき)の師範認定を受けている。
日本では馴染みのない靈氣だが、一歩海を渡れば多くの人に認知されている立派な治療法だ。
この治療を日本だけでなく世界中の人に分け隔てなく届けたいと、英語学習を決めた。

「助けられ今生きてる。」そう話すAIちゃんの目は優しさで満ち溢れている。

人、自然、動物、地球すべてに助けられ、命がつながっていることを体感している彼女は、海より深い感謝を愛で返すために英語学習を決めた。

AIちゃんとって英語学習は花束をつくる作業。
僕はAIちゃんとの会話が大好き。
言葉だけでなく大きななにかを感じるから。
ほんまに。

17098037_1349746685068649_213180856813412952_o

みんな違ってみんないい

結局この記事、みんなのことが好きやから書いたな。笑
しかし、改めてまとめてみるとフィリピン留学を決めた理由はみんな違ってみんないい

僕の妻も、一緒にフィリピン留学を決めたとはいえ、彼女は彼女なりの理由と目標があって日々精進している。
その証拠にたまにしかかまってもらえない。笑
せやけど、彼女のストイックさには驚愕した。
今思えば、仕事でも一度決めたことは集中してやってたし、まいど結果も残してはった。
良きパートナーではなく、1人の人として向き合うきっかけになりました。

フィリピン留学って英語学習だけじゃなくおもろいで。
安いって言ってもそれなりのお金がかかけど、ここには決めてる人ばっかり。

10代&20代編はこちら

フィリピン留学おすすめでっせー。

IMG_0336

関連記事

  1. 日々の中卒

    【夫婦必見】夫婦でフィリピン留学は完全英語環境!

    中学校以来の学校生活が始まって早3週間。 15年ぶりの学校生活は、…

  2. 英語留学×中卒

    ネイティブキャンプは神オンライン英会話!DMMと比較してもおすすめな理由

    最近は海外旅行に行く時だけではなく、仕事や日常のいたるシーンで英会話力…

  3. フィリピン

    ハロハロの国フィリピン首都マニラの激渋2泊2日

    フィリピン留学のためにフィリピンのマニラに降り立った。 世界4周し…

  4. フィリピン

    英語初心者の僕にワーホリ前フィリピン留学が効果大だった3つの理由!

    若者の海外離れが進んでいる、と言われてる昨今。若者の数が減っている…

  5. フィリピン

    「生きづらい」と感じる人に短期の海外留学をおすすめする理由

    小・中学生の不登校が4年連続で増加し、その数は13万人。引きこもり…

  6. 英語留学×中卒

    夫婦で行く、2ヶ月フィリピンのバギオで英語留学!!

    成田空港第3ターミナル。 日本最大の国際線を持つ成田空港とは似つか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気の記事

  1. Canada×中卒

    海外でHuluやU-NEXTなど映画動画を視聴する方法を5分で解説。
  2. 妊活

    妊活成功夫婦に聞いた、『必ず妊娠出来る方法』8のコト
  3. ピースボート

    ピースボート『ボランティアスタッフで世界一周が無料』の実態は?!
  4. 日々の中卒

    【保存版】メンズは今すぐブラジリアンワックス脱毛へ!おすすめ部位から痛みまで
  5. 妊活

    【実体験】不妊治療の前に旦那は妻に内緒で精液検査へ。精子採取の方法と結果
PAGE TOP